FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.06.13

娘の言葉 その2

つぃこの間ブログの記事で娘と少し会話らしい事が出来るようになった、と書いたのですが。

それは、娘と24時間一緒にいて、発音がちょっと微妙だったりするのを分かる、私だから成り立っているのかなぁーと思っていたのですが。。。


今日、お散歩へ行く途中。

いつもおばあちゃんと一緒にベランダで遊んでいる女の子がいるおうちの前を通った時...。
娘はそこの家に女の子がいることを覚えているのは知っていたのですが、
今日はおばあちゃんだけが玄関先をお掃除していました。

娘は「Bimbo!」(ビンボ:イタリア語で男の子。)←Bimba(ビンバ:女の子)と間違っているけどねといきなり大声。。。

それに気がついたおばあちゃん
「Bimba sta dormendo...Tu non dormi?」(女の子は寝ているのよ、貴方はお昼寝しないの?)と話しかけてくれました。

最初はそれでも「Bimba! Bimba!!」と連呼する娘...。

私がイタリア語だか日本語だか忘れたけど、娘に「寝ているんだって」と説明すると。。。


「Non c'e piu!」(いないね)←Piuは要らないと思うけど...

お婆ちゃん 「Eh non c'e...Tu dove vai?」(いないわねぇ。。。貴方はどこへ行くの?)

娘 「In piazza!」(広場!)

私が行こうか、と言うと、ちゃんと「Ciao!」とご挨拶までした娘。


って、イタリア語でご近所のお婆ちゃんと会話が成立しているではないですか!笑


どーゆう基準だか分からないけど、すっごく恥ずかしがってご挨拶がまったく出来ない時もあれば、
ぜーんぜん知らない観光客とかに急に挨拶したりする娘。


田舎町なので、お散歩中に会う人のほとんどが顔見知りで、あっちこっちで話しかけてくれるのですが、ちゃんと会話らしいものが成立したのはたぶん初めて

今日はおしゃべりする気分だったのかな?笑




イタリア語でもちゃんと会話が出来るのね♪とちょっと嬉しかった午後でした。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://barboncino.blog16.fc2.com/tb.php/590-b1ecc7d5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。