FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.02.25

またまた…発熱 ~突発性発疹~

また娘が発熱… 

年末のも入れると、これで今年3回目…。
1歳過ぎまで発熱ってしたことなかった娘…。
健康体なのね♪なんて思っていたんだけど、大きな勘違いだったみたい

木曜まで熱で寝込んでいた旦那。
ぜーったい、ぜぇぇーったい、それが移ったんだ!と思う私。。。

結構娘に近寄って寝ようとしたり、おでこにちゅっとか、咳をげほげほやってたから
「娘に移したらひっぱたくわよ!」って注意してたのに・・・。

やっぱり移っちゃったか…。
(ちなみに旦那は頑として「俺のが移ったんじゃない!」と言い張ってますが)


今回も結構な高熱な娘。
土曜日の朝普段より少し元気ないなぁ…と思いつつ朝のお散歩。
少し広場で遊んだりもしたけど…。
お昼ご飯も食べず…眠がって、すぐにお昼寝。。。。
お昼寝後、娘の体が熱く、熱を測ると、39.0度

いきなりの高熱で焦る…。


その後、とりあえず日本滞在時でもらって使ってなかった解熱鎮痛剤の座薬を入れて様子見。

熱が下がると、遊びたがったり、ぐったりもせず、食欲もまぁまぁあった娘。

でも高熱→座薬→熱下がる 6~8時間後また高熱→座薬→熱下がる…の繰り返し。
土曜日の午後には小児科の先生に電話で指示をもらったけど…
毎回の事ながら、「Tachipirina」(解熱鎮痛剤)を飲ませるように言われる。

子供から妊婦、大人まで飲める解熱鎮痛剤で、熱が出たら、とりあえずこれ!っていうぐらいよく使われる薬。
薬局で医師の処方箋無しに買えるから、そこもまた便利。

P1450068.jpg

これは子供用の100mg/mlシロップで大人は500mgとか1000mgとかの粉や錠剤。

子供の生まれて数ヶ月後に悩まされる「歯ぐずり」でもこの薬を指示される。
その頃は数十滴だったけど。。。12キロの娘は40滴!
(そろそろ100mgも卒業だよね...)


が。

日曜日も高熱が下がらず…本当にTachipirinaだけでいいの?とふっと不安と言うか疑問と言うか…。

モヤモヤ。。。。


日本だったらさ、病院に聞くと解熱鎮痛剤と一緒に抗生物質が必ずといっていいほど出るじゃない?
その他症状(鼻水とか咳)にあったお薬とか。。。さ。
ま、タダの風邪でも、数種類の薬は必須よね。

イタリアってどーも、すぐに抗生物質を飲まない傾向なのかも?

ま、あんまり薬に頼りすぎも良くないし、抗生物質も飲みすぎはよくないって言うけどね...
親としては、つらそうな子供を早く病気から開放してあげたいと思うじゃない?普通。

しかも薬飲んでいるのに2日目も高熱が下がらないって、単なる軽い風邪とかじゃないでしょう…と色々考えてしまったりな週末。


月曜の朝も38.9度の高熱だったので、再度朝いちで小児科に電話


さすがに2日の高熱、と言う事で午後、往診に来てくれることに…。
(抗生剤飲ませないのかなぁ~と思って、イタリア在住者の子供関係のブログ読んでたら、結構往診ってしてくれるものみたいです。)

山の上だし、小児科に行くまでにバス乗って。。。
しかも今はオフシーズンでバスも本数少ないし(っていうか夏でも冬でも時間にルーズだけど
この寒いさなか、片道1時間近くかけて小児科に具合の悪い子供連れて行くのは大変なので、
これはすごくありがたい!

そして、朝の電話で先生に状態を説明。


私たちも「症状は熱だけ...。」ってちょっと。。。ねぇ?と思っていたけど。
先生曰く「たぶんsesta malattiaでしょう。。。」と。


もぅ、こーゆう時、イタリア語で知らない言葉にぶち当たっちゃったりすると、まーったくなんだかわからず...不安は増すばかり。苦笑

薬とか病気関係って、知らない言葉多すぎっ!←私の問題です。苦笑
まぁいつものように辞書やらネットで調べるんですが...。


sesta malattia = 突発性発疹

突発性発疹なら、私も聞いたことある病名だし、結構なる子多いみたいだし…。
そんなに心配な病気ではないんだけど…。


たしかに症状はネットで見ると、すごく似ている。
急な高熱。
他に特に症状もなく、割と元気で食欲もある。
(たまに咳、下痢を伴う...うちの娘も発熱2日目から下痢)


熱は2~3日、その後赤い発疹が出る。。。というものだけど。
熱が下がり、発疹が出てみないと「突発性発疹でしたね」という診断はされにくいとの事。


私たちのお世話になっている小児科の先生も「明日熱がさがらず、湿疹が出ていなければ、風邪。湿疹が出ればsesta malattia。」と言う感じの診断でした。


そして、ついに、私がモヤモヤしていた「抗生物質」を飲ませるように指示されました。

日本でも動物病院で働いていた時に使ったこともあるオーグメンチンという抗生物質のシロップ。
(動物も人間と同じお薬を結構使うんですよ。)
それを1日2回。(甘い匂いがしたので、きっとちょっと甘いお薬だけど、白くドロドロしてて飲ませにくい)

小児科の先生は
「明日発疹が出たら、この抗生物質を飲ませて、突発性発疹だから、心配要らないでしょう。
発疹が出なければ風邪だから、このお薬(抗生物質)は飲ませず、熱のある間だけ解熱鎮痛剤を飲ませておけば、自然にそのうち治ります。」

との事。


あれ?
突発性発疹って診断が出ると、日本(ネットの情報)では抗生物質は中止するみたいなんだけど...。
っていうか、風邪ならなおさら抗生物質を飲ませるべきなんじゃ?!

風邪のウイルスに効くお薬がないように、今のところ突発性発疹のウイルスに効くお薬も出ていません。
 赤ちゃんの症状にあわせて、その症状を和らげるお薬(対症療法)が出されることがありますが、熱があっても機嫌が良く、母乳やミルクをいつもどおり飲んでいれば、特に治療は必要ありません。

 突発性発疹以外の細菌による感染が否定できない場合は、(赤ちゃんは抵抗力がなく重症の細菌感染症になりやすいので)抗生物質が処方されることもあります。
 (⇒ この場合、熱が下がって発疹が出てきたら、細菌感染症ではなく「突発性発疹」と診断がつきますので、抗生物質は中止してかまいません。抗生物質が出た際には、この点について担当医師や薬剤師さんに確認しておくと安心です。)

(ネットより引用)

という事はこのイタリアの小児科の先生の処方した抗生物質は何目的なんだ?



んー謎は深まるばかり。。。。


でも「郷に入れば郷に従え」で、イタリアの小児科の先生の言う事を聞いておいたほうがいいのかな。。。。
お医者さんの言う事だしね…。
少なくとも、この辺一体のほとんどの子供はこの先生に診てもらってて、きっと同じようにお薬を飲んできたんだろうし?


でも、とにもかくにも明日の朝、娘の熱があるか、ないか。。。。ですよね。

娘は割りと元気とはいえ、すごいママっ子ぶりを見せ、1日中ほとんど私にべーったり。。。。
日本での風邪以来ずっとママっ子だけど...全然それが直らない。

高熱だから、やっぱり体がしんどいのか、寝る時間も少し大目で、なんか私もずーっと娘に付き添ってベットにいる感じ...。


噂ではラベッロ市が、今年の9月からの幼稚園入園リストにうちの娘の名前を書いていたらしいが...
(強制ではないので、来年入園でもいいんだけど、今年の入園者が少ないため、来年分の子供も名前を書き、行きたい人は今年からどーぞって事らしい?)
そんな、幼稚園なんて、ぜーったい無理でしょってぐらい、ママ!まま!!まんまぁーな娘。



タダでさえ田舎でする事も行く所もなく、うんざりなのに...。
家からも出られず、娘べったり…とか。。。。結構私もしんどいこの数日...。


とにかく、娘が早く良くなって、元気に復活して欲しいです。



あ、そして。
旦那の風邪がうつったんではなかったっぽい。。。笑
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://barboncino.blog16.fc2.com/tb.php/573-d5427002
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。