FC2ブログ
2012.12.30

発熱、救急外来 in Giappone

日本に到着後、そこまで遠出したり、疲れるほど出歩いてたわけでもないのですが…

娘が発熱しました。
今までイタリアで軽く風邪気味な事は何度かありますが、発熱は初めてです。

27日の夜ぐらいから咳で寝苦しそうにし始め、夜中に咳き込んで母乳を戻しました。

吐くってこと自体娘は今まで無かった事なので、正直すっごくびっくりしてしまった私。

日本で流行っている「ノロウィルス」なんじゃないかと焦りましたが…
幸いに下痢はしてなかったので、咳き込んで吐いたんだと思います。


でも、まだ元気もあり、熱っぽくはなかったのですが、年末年始だし…と病院へ行くことに。

実家近くには有名な大きな病院ぐらいで、小児科が他になく、その日ちょうど受診するよーと言っていた姪たちと一緒に行くことに…。

が。
日本は風邪が流行りまくり
耳鼻咽喉科へ行ったら超混みこみ。

仕方なく午前の受診は諦め、午後に内科へ行く事に予定変更


今日一日愚図りがひどいなーとは思っていたけど、昨夜咳き込んで眠れなかったせいだろうと、午後に一回お昼寝をさせ、小児内科へ。。。。


診察前に検温をするように言われ、はかってみたら、なんと38.1℃


びっくり!
ごめん、気がついてあげられず…と反省


診察では案の定大泣きでしたが、熱があるため、インフルエンザの検査(鼻に綿棒いれて鼻水の検査)もしました。
インフルエンザは結果が5ふんぐらいで出て、陰性

痰をきるお薬、咳止め、抗生剤をもらい、翌朝悪化しているようなら大きな病院を受信するように言われ、今日は終了。


日本は今、中学生?ぐらいまでは病院もただ。(これはイタリアも)
お薬もただで貰えます!
素晴らしい
(イタリアはお薬代はかかるのよね)


その日のうちに2回お薬を飲ませたけど、あまり咳は止まらず…。
(薬は、少量の水で溶き、上顎にくっつけて強引に飲ませました)

ばーばの抱っこもダメで、常に「まんまー」と泣き、抱っこをせがむ娘。

夜も30分おきぐらいに咳き込んでは泣き…を繰り返し。。。
私も寝不足


でも翌朝、熱も下がりちょっと元気になった娘。
これなら病院いかなくて平気かなーと思い、1日家で安静にしてましたが。

夜眠れなかったせいで、14時ごろから私と一緒にお昼寝。笑

隣に誰かいると、体温を感じるのか、よく寝る娘。
一緒に18時ごろまで寝ていたのですが…。
起きてみると、娘が座ったまま動かない&めっちゃ熱い(●・̆⍛・̆●)


げげ。っと熱を測ると、39.1℃


さすがに39度台の熱はまずいんじゃ??
と、育児の先輩、双子の兄弟に電話、相談。(ありがたい存在ですね)


さすがに39℃の熱は娘本人も辛くて眠れないだろうと、救急外来にかかることに…。


こんな年の瀬に…大変な事になっちゃったよ!!


化粧もせず、娘はパジャマのまま、抱っこ紐にタオルケットという出で立ちでタクシーで東京女子医大へ…。


普段なら抱っこ紐にのせるだけで嫌がる娘が何も言わない!!!
それだけ熱でぼーっとしていたんでしょう。。。。(可哀想に…)

年の瀬でも結構人がいましたが、ここでも熱をはかり(38.9℃)、子供だからか、救急外来が大きくて先生が多いからか、割と待たずに診察してもらえました。

聴診器を当てると娘、大泣きというのはいつもの事ですが。
先生も気さくでいい先生でした。


喘息の音はなく、ウィルスかどうかはわからないけど、俗にいう風邪でしょうとの事。

今はやりの咳を伴う「マイコなんちゃら」だと困るから(それにしては熱が高いから、多分違うと言われたけど)、それにも効く抗生剤。
鼻水、咳、痰のお薬。
解熱用の座薬。
咳で苦しいから気管支を広げるシールのお薬をもらい、終了。


抗生剤がちょっと苦味が強いからアイスやコンデンスミルク等で混ぜて飲ませてとのことで、帰りにコンビニで買って帰りました。

帰ってすぐにお薬
案の定嫌がったけど。

飲まなきゃ治らないから、心を鬼にして。
足で押させ、頭を持ち、超強引に飲ませ、次に座薬。


娘は熱でしんどくて、投薬後すぐに就寝。


何度か咳き込むものの、昨夜よりは寝やすいようで、少し熟睡。


座薬のお陰でお熱も今は下がったようです。


こんなに弱った娘は初めてです。



でも、とにかく早くよくなってくれー!!!

今日のお薬がちゃんと効いてくれるといいけど。。。。。
関連記事
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://barboncino.blog16.fc2.com/tb.php/562-2ea2474b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する