FC2ブログ
2012.12.03

San giovanni rotondo

いつも使っているRavelloのローカルバスの運転手さんの会社企画のバスツアーに参加してきました。

うちの旦那は少し前から「どぉ?行ってみる?」と私に2回ほど聞いてきたので、行きたかったのかな?と言う感じですが。
私は、ローカルバス内に張ってある案内を見てもピント来ず…
「んーどこ行くの?」「ん~そぉねぇ。。。」と曖昧な返事をしていたのですが。。。。
(だって、1歳の子供連れてバスツアーとか、ハードじゃんよ!!)


出発数日前に企画者本人から「あと2名分席が空いてるけど、行かない?」と誘われ…行く事に。笑


行き先はプーリア州のフォッジャ(Foggia)というところ。
mappa.jpg

行く前はフォッジャがどこなのか、何州なのかもわかってなかったので、家に帰ってから調べました。笑
プーリアは5年以上前にポリニャーノアマーレ、アルベロベッロと行った事がありますが、ほとんど足を踏み入れた事ない州。
交通も不便だし、Firenzeにいた頃はとにかく遠くて…。笑
それにしても、プーリア州って、長細くて、州の中の上と下でも色々食べ物とか気候が少し違いそう。。。
どーなんでしょうね?



朝6時集合だった為、運転手が車で個人的に家まで迎えに来てくれ、集合場所まで行きました。

集まってみると、当たり前だけど、いつもお散歩や買い物で顔を合わせる地元民ばかり。笑
みんな、知り合い。。。みたいな。

何人か子連れの人もいたりしましたが、さすがイタリアの地元民の集合。
バスの中はまぁ、にぎやか
子供が歌ったり(しかもマイク使って!)お話したり…朝の8時から主の祈りをみんなでしたり。。。賛美歌歌ったり。。。

そぅ、今回の目的地はフォッジャにある「ピオ神父巡礼教会」へ行くバスツアー。

いや、もちろん、私はカトリックではないし。
主の祈り(イタリア語)はもちろん、賛美歌も歌えないし。。。
ピオって誰?…状態なのですが。笑


なんでも、有名らしいですよ?
ピオ神父。
(詳しく知りたい方はこちら 「ピオ神父」 「San pio da pietrecina」

数々の奇跡を起こした神父さんらしいです。
1918年から聖痕ができていたが、亡くなってから消えたとか…
2ヶ所同時存在する能力があったとか。。。

亡くなってから50年ぐらいたつのですが身体の一部は、腐敗を免れているとか。。。

私も行く前に、さすがに少しピオ神父について勉強したんですが…。
不治の病、難病などを治す力のある神父さんなんだとかで、有名みたいです。
『私は、この地上にいる時よりも、天国に行った時に、あなた方のために仕えることができるでしょう』と最期に言ったそうで…2000年1月にも深刻な髄膜炎だった9歳のマッテーオ君が良くなったり…とか、あるみたいです。

そんな様々な事で、ピオ神父は有名で、世界中からこの教会へ人が訪れるんだそうです。


お陰様で、とくに近くの身内に不治の病、難病と言う人がいるわけではないけれど…
有名な教会と言う事で。。。ちょっと遠足気分も兼ねて、の参加だった私たち。


バスで行くイタリアの旅。

P1290310.jpg
運よくお天気もまぁまぁ。。。

P1290318.jpg
緑の盆地…なんだか懐かしい感じ。
(アマルフィは山、崖、海ばっかりだから...平らな景色って、久しぶり!)

そんなバスの旅、娘は朝5時半おきだったので、8時過ぎ頃一回30分ぐらいのお昼寝をしたけど。。。
賛美歌やら、子供のマイクを通してもおしゃべりで、あまり眠れず...。
持参した本で遊んだり。。。
クラッカー食べたり...
P1290337.jpg
パン食べたり...(最近「ぱー(pane:パーネ パンの事)」と言ってよく食べる)
P1290343.jpg
と、なぜか良く食べる娘。
(肝心な時に、iPhoneを忘れてしまい…遊び道具があまりなかった!

と、朝6時集合、なんだかんだで出発が6時半過ぎ。
山を降り、港を抜け、盆地を抜け…ようやく目的地にたどり着いたのが、10時半。(一回トイレ休憩したけど。)


さすがに子供抱っこでの4時間のバスはしんどかった。。。。
(最近パパっ子だから、以前に比べ、バスの中でもパパのひざの上に行く時間も増えたけど)


フォッジャのサンジョバンニロトンダという町に教会があります。
P1290582.jpg



P1290369.jpg
到着して、まずベビーカーに挑戦!
というのも、バスだし、使わなかった荷物乗せればいっか、と今回はベビーカーを持参。
が。

これが大失敗
もちろん、乗るわけもない娘。。。。。
挙句の果てに、自分で押したがる始末!


P1290384.jpg
しかも、抱っこはパパっ子なので、パパがいい。。。。
(ま、手を繋ぐのもパパがいいんだけどね。ママさみしー)
というか、私は大泣きしても、「だめ」とほっとくけど、パパは大泣きすれば好きな事をやらせてくれる、と娘は思っているようで…
パパの抱っこがいいわけ。
(甘やかしすぎなんだよ!まったく!!!!!


娘が押すベビーカーはあっちへフラフラ、こっちへフラフラ。。。
まっすぐ歩けない。。。。(当たり前だ)

さすがにコレではどこにも行かれない!って事で、ベビーカーは後ほど皆でいくレストランに預ける事に。。。。

娘、大泣き。苦笑
P1290410.jpg


ま、でもなんとか気を紛らわせ…教会を見学に・・・・

こちらが、その聖ピオ巡礼教会。
P1290441.jpg
大きい!!
広い!
綺麗!!

P1290440.jpg
教会の周りもすごい大きな広場になってた。


2006年に完成したらしいから、まだぴかぴか!
P1290388.jpg
これは1階の教会。
左右に広がってて、写真に写ってないけど、この3倍ぐらいの広さ。

とにかくすんごい広いし、パイプオルガンも立派!

ピオ神父
P1290421.jpg


P1290488.jpg
地下は1階と違い、なんだか金ぴかでした。
金ぴかな地下の教会(部屋)もあったし、人がたくさんいて、娘が愚図ったので中には入りませんでしたが、ピオ神父のミイラもあったのかも。。。
(写真撮りたかったけど、ミサが終わったばかりだったのでやめておきました。)
金ぴかでお金かかってるなーという印象はあるものの、いやらしい感じはなく、綺麗でした。

他にもモザイク(?)で出来たピオ神父などがたくさんありました。
P1290491.jpg

P1290493.jpg






お隣にももう1つ教会。
P1290458.jpg

なんか、階段とその上にも何かあったみたいだけど…さすがに上りませんでした。
P1290460.jpg

教会では11時からミサがあったようですが…娘がミサで静かにしているとは思えないので、参加せず…
教会の周りの広場などをお散歩。
P1290495.jpg

大きな鳥を発見。
P1290564.jpg

こーゆう出っ張りとか、金属とか…触りたがるんですよね、子供って!!!
P1290545.jpg


10時半に到着し、13時半から近くのレストランで昼食。
教会だけで3時間も時間潰せるのか?と思ったけど…すんごーく広くて、周りきれなかった!



お昼の時間はちょうど娘のお昼寝時間と重なっていたものの、人がいっぱい、食べ物を目の前にして、娘も眠れず…。

レストランでは娘もパスティーネ(小さいパスタ)を頂きました。
(他にもパンや大人のパスタも少し食べたけど、とにかく娘は良く食べた1日。)

レストランでは娘の食事、自分の食事、授乳で写真を撮れず..でしたが、地元パンのブルスケッタ、プーリア風トマトソースパスタ(オレッキエッテ)、野菜トマトソース生パスタ、豚ステーキ、サラダ。。。と派手さはないものの、おいしかったです。

食事中、娘のオムツからピピ(小の方)が漏れ。。。
(紙おむつ使ってたのに…。オムツ換えの時、最近嫌がって寝っ転がってくれないから、オムツがゆるかったのかな。)
私のズボンまで濡れ、娘のお着替えをしたりでバタバタしてたけど。。。
久々の外食、なかなか良かったです。
(遠出の外出をあまりしない私たち。旦那が「代えのズボン持っていく?」と言って、1本持ってきてたので良かったー!遠出の時は着替えが必須ですね。。。。

50人での食事だったので、最後デザートまで食べて、時計を見たら15時40分でした!

その後バスは16時に出発。

途中プーリア特産品屋により、お土産をみんなで購入。
(こーゆう所は、日本のバスツアーと似てるね。)

娘はバスに乗ったらすぐに授乳、そのままお昼寝(夕寝)しちゃったので、私はおみやげ物やサンには入れず、バスの中で娘と待ってましたが…
旦那がプーリアの特産品を買ってきてくれました。
IMGP5478.jpg
ペコリーノチーズとちょっぴり辛いサラミ。
どちらも美味でしたー。

IMGP5482.jpg
レモン砂糖を絡めたお菓子。
(コレが食べだすと、止まらなくなる素朴なおいしさ!)

IMGP5480.jpg
こちらはレストランで食べておいしかったので、購入。
ちゃんと薪で焼いたパンで、外側が香ばしく、おいしかった!!!



このお土産物屋の後またバスでの長旅。。。。(1回トイレ休憩して、帰りは4時間半かかったよ)

帰りのバスの中でも皆で「主の祈り」をして、子供がずーっとマイクを通しておしゃべりと歌…。
どんだけ元気なんだよ、イタリア人の子供!

しかも食べた後のバスだからか、疲れからか、バスに酔ってはく子供続出…
後ろの席のパパは気分の悪くなった息子に
「ごめんよ、もぅどこにも行くのはやめようね。(気分が悪くなったのは)パパのせいだ。」
と語りかけていて…さすがにそれは両極端な考えだし、過保護すぎな発言だろ!と突っ込みたくなるような場面もありました。笑

娘は1時間ぐらいの夕寝をし、その後うるさいマイクの音で目を覚まし…
疲れからか、若干愚図りましたが…。
地元Ravelloに到着前に再度今日1日無事皆で帰ってこられたことに感謝して、みんなで主の祈り…。

と。。。。どーにかこうにか、21時半過ぎに家に帰宅。

私は後半1~2時間、疲れと最近続いている頭痛で、早くバスから降りたくって降りたくって…。
なんか、精神的に限界に近かったけど。。。。苦笑

最初は「げ、超地元バスツアー。みんな知り合いだよ」と思ったけど…
子供も多く、みんなでわいわい遠足みたいで、楽しかったです。

でも片道4時間はちょっと長すぎ…。

往復8時間、今度日本に一時帰国するときはそれ以上の12時間を1人でこなすのかと思うと、また不安な感じもしますが。。。


いやー久々アマルフィ海岸から脱出した!って感じの味わえたバス旅でした。





関連記事
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://barboncino.blog16.fc2.com/tb.php/554-c8d2d1bf
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんばんは。
いつもコメントありがとうございます♪

ベビーカーはあれ以来、広げていないです。笑
日本の一時帰国、私1人なのに、ベビーカー乗ってくれないのは、滞在中かなりきつそう。。。。です。

> 私も最近娘に対して厳しくしつけをしてるので、うちの娘もだんだんパパっ子になってきつつある感じがします。旦那は「駄目」な事でも言い方が毅然としてないので娘になめられてるっぽい感じかな。

やっぱりパパは女の子に甘いのかな?笑
私は結構ダメなものはダメ、とずっと言ってきているので、そろそろ娘も私に泣きついても駄目な事を理解しているようです。
パパはダメって言ってみるものの、大泣きされると困っちゃって、結局OKにしちゃう。。。みたいな。
最近パパも娘のわがままに疲れてきたようで、少し変わってきましたが。。。
子育てはなかなか難しいですね。


> フォッジャって、うちの近くに実家のあるイタリア人男性&日本人奥さんが、旦那さんの仕事の都合で住んでる街で、長期休暇の際にご夫婦にお会いするのですが、いつも話を聞いてて行ってみたいと思っていました。写真を見る限りではここ(マルケ)より都会と言うか、便利そうな印象を受けました。(いいなあ。。。)
> 教会も現代的で明るくて広くて良いですよね。冬の寒い時に娘を遊ばせられるなあ、なんて不謹慎なことを考えてしまいました。

フォッジャの町はとっても整備されていて、道々にあった家はどれも大きく、新しく、すごく素敵な町でしたよ。
世界中から人が来るから、やはり少し開けていました。
(って教会の周りしか見てないですけどね)
日本人の方が住んでいるんですねー。

あんな長いバスの旅は私も初めてでしたが…
いい気分転換になりました♪
Posted by TOMO at 2012.12.08 22:44 | 編集
ベビーカーを押すサラちゃんの写真を見てうちの旦那と思わずぷっと笑ってしまいました。

私も最近娘に対して厳しくしつけをしてるので、うちの娘もだんだんパパっ子になってきつつある感じがします。旦那は「駄目」な事でも言い方が毅然としてないので娘になめられてるっぽい感じかな。

フォッジャって、うちの近くに実家のあるイタリア人男性&日本人奥さんが、旦那さんの仕事の都合で住んでる街で、長期休暇の際にご夫婦にお会いするのですが、いつも話を聞いてて行ってみたいと思っていました。写真を見る限りではここ(マルケ)より都会と言うか、便利そうな印象を受けました。(いいなあ。。。)

教会も現代的で明るくて広くて良いですよね。冬の寒い時に娘を遊ばせられるなあ、なんて不謹慎なことを考えてしまいました。

なにはともあれ、長時間バスの旅無事に済んで良かったですね。お疲れさまでした。
Posted by nao at 2012.12.07 22:53 | 編集
管理者にだけ表示を許可する