FC2ブログ
2011.12.25

クリスマスのお菓子

Auguri a tutti!(みんな、おめでとう!)

クリスマスには、「おめでとう」と言うのが普通なイタリアです。

さて、クリスマスと言えば、去年までPasticceria(お菓子屋)で仕事をしていた私にとって、忙しい時期でありましたが。
今年は子育てに追われるクリスマスです。


イタリアの年中行事では、その時期に食べる物が結構たくさんあります。
クリスマスといえば。。。Panettone(パネットーネ)というお菓子!
(お菓子以外にもZampone(豚足に肉をつめた物)とレンズ豆を煮て食べたり…)
2008年の12月26日のブログにクリスマスのお菓子特集ブログを書いていました。)

この時期、もぅ、Panettoneは、そこいらじゅうで売っています。

こちらはMinoriという町にある有名なお菓子屋さん「Sal de riso」6月の記事にしました)のPanettone広告ポスター。
有名な店だけあって、Panettoneもクラシック、リモンチェッロ(レモンリキュール)、Frutti di bosco(イチゴ系)など。。。7種類もあって、びっくり!!!
DSCN3733.jpg

もちろん、お店には山積みのPanettone。
DSCN3931.jpg

DSCN3930.jpg

DSCN3932.jpg



去年までは「作る側」で、クリスマス前から味見したり、、成型したりで。。。
クリスマス当日は「別に食べる気しないわ。。。。」って感じだったけど。笑

今年はスーパーやBar,Pasticceriaで見かけると、ちょっと食べたいなーと思っていました。
でも、クラシックなPanettoneは、中に干しぶどう、オレンジピール等が入り、私はちょっと苦手。。。。

そして、スーパーで売っている物はやっぱり(?)あんまり美味しくないし。。。←贅沢な話よね
どっかお菓子屋さんで買おうかなぁ。。。でも結構いい値段するよなぁ~(上の「Sal del riso」のPanettoneは1個:1キロ:29ユーロ~37ユーロ)と悩んでいたのですが。


Ravelloの教会前広場にある、いつも朝食をとるPasticceriaBar(お菓子屋とBarがくっ付いた感じのお店)。
もちろん、こちらでもPanettoneやクリスマス用のお菓子がたくさん飾られていました。
DSCN3879.jpg

1個の値段を聞いてみたら、意外と安かった事(1個:1キロ:20ユーロ)、そして、そそられる味のPanettoneがあり、購入する事に!

このお店はクラシック(オレンジピール等の入った物)と干しブドウのみ、チョコレートとくるみ、栗とオレンジピールと4種類のPanettoneがありました。

栗とオレンジもかなり気になったけど。。。。やっぱりチョコとくるみを購入
P1110689_20111224002458.jpg

Panettoneの上にはたっぷりのチョコのデコレーションとくるみ。
P1110690_20111224002458.jpg

中にもチョコとくるみ入り♪
P1110699.jpg

んーやっぱりPasticceriaで買う手作りPanettoneは美味しい~
太りそうだけど。。。。


これを食べると、やっぱりクリスマスって感じになりますね。笑



関連記事
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://barboncino.blog16.fc2.com/tb.php/434-629cf1fd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する