FC2ブログ
2011.11.09

日本語とイタリア語。

先日、2ヶ月検診に行った時、先生から
「お母さんは自分の国の言葉、(タイだっけ?と言われた。笑)お父さんはイタリア語で話しかけてあげてください。」
と言われました。

普通、2歳頃話せるようになるけど、お母さんが母国語、お父さんがイタリア語で話しかける事によって、話始めるのは遅れるかもしれないけど、自然と2ヶ国語ができるようになるから。。。との事。


それ、わかっちゃいたんですけどね...
じつは、私、ほとんどイタリア語で話しかけているのが現状です。苦笑

何でだろう...日本語をほとんど使わない生活なのと、周りがイタリア人だからかな?

赤ちゃんは言葉を発しないけど、もぅ少しは理解しているのかしら?
ネットでは赤ちゃんも色々理解している。。。と書かれていますが、どうなんでしょうね?



「Che bellina tu sei」(なぁんて素敵なんでしょう、あなた!!)とか
「Dormigliona」(よく寝る子)とか。。。「Pisciasotta(お漏らしする子)←ウンチバージョンもあり
子豚ちゃん、ジャガイモちゃんなどなど・・・・
日本語では難しい愛情表現がたくさんです。


旦那はさすが、イタリアの血が入ってるので、大袈裟です。
しょっちゅう「Principessa(お姫様)と呼びます。笑

日本で我が子を「お姫様」と思っていても、呼ぶ人なんていないでしょ。。。。
さすが、愛情豊かなイタリアという感じがします。


私は、検診の後はなるべく日本語で話しかけるようにしていますが...
もともとそんなに子供をあやすのが大得意なわけでも無い私。
イタリア人はその辺がすごく大袈裟なので、それを真似ていたのが原因かも。。。。。


日本語、大丈夫かな。。。。。

覚えてくれるかな。。。。。

関連記事
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://barboncino.blog16.fc2.com/tb.php/409-aa693101
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
日本語。。。頑張ります。

温泉行ってたんだ?
今の時期はちょうどいいね。

私も温泉入りたいけど…1週間の滞在だし、さらもいるし、お金もかかるし...
難しいかもね。
温泉というか、湯船に浸かりたぁーい!!!!
Posted by TOMO at 2011.11.11 09:12 | 編集
日本語たのむぜ

昨日、一昨日、母と啓史とで信州温泉の旅に出ていた
松本、上田、軽井沢と天気も良かったし、紅葉も見頃で、温泉もいい感じだった

日本は不況もあって、イタリアもすごいけどさ、旅館は客が少なく、平日は格安だよ
サルが来たときに温泉ってのもいいかも
Posted by papa at 2011.11.11 04:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する