FC2ブログ
2011.10.06

秋の味覚

秋の味覚と言えば...栗とかマツタケとか梨とか。。。

うちの家の大家さんが畑に出来たイタリアのかぼちゃとブドウをくれました。

お恥ずかしい話、私はイタリアでかぼちゃを購入して料理したことが無いです。
だって、普通スーパーとかでは丸ごと売ってるし...
ソコまで好きじゃない...。苦笑


先日、実母が来た時に八百屋さんででっかい細長いかぼちゃを輪切りで買ったけど...。
日本のかぼちゃを想像して食べたら、全然違い、びっくりしました。笑
全然甘くないし、ホクホクじゃないし。。。
(日本のかぼちゃが恋しくなった瞬間でした。)

イタリアのかぼちゃはアメリカのハロウィンで使われるようなオレンジのかぼちゃが主流で、水分が多く、甘みが無いです。


そして、話を元に戻しますが。。。
これ↓が頂いたかぼちゃ
DSCN3392.jpg


え?これかぼちゃ??って感じでしょ。
一応Zucca lunga(ズッカ ルンガ:長いかぼちゃ)って名前なんです。
かぼちゃと言うよりは、ウリって感じで...
日本人の私からしたら、これは「かぼちゃ」ではない!と言いたいところですが...。

調べてみたらイタリア語で瓢箪(ひょうたん)もZuccaって名前でした...。
(かぼちゃもひょうたんも、きゅうりもズッキーニも全部ウリ科だから、似たようなもんか。。。。)


旦那がスープにしてくれたので、食べましたが...。
味も素っ気も無い。。。。
癖が無い...といえばいいのか。

もっと美味しい食べ方ないのぉぉぉぉ?!という感じでした...。苦笑




そして、うちの玄関の前にもなっていた葡萄ちゃん。
DSCN3393.jpg


デラウエアみたいに種無しかと思いきや...
こんな小さな葡萄にも種があった。(食べにくい!!)

でも、美味しくいただきました。




おまけ

ナポリ近郊で有名なSfogliatelle(スフォリャテッレ)というお菓子。
DSCN3389.jpg

Firenzeとかでも売ってたし、お菓子屋で働いていた頃は中にクリーム詰めたりしてたけど。

さすが、本場。
でかいぜ!笑

中には生クリームとカスタードクリームをあわせた物がたっぷり入ってます。
上に乗っかっているのはチェリーのシロップ漬け(Amarena:アマレーナ)。

これ作るの、すごく時間がかかるんですよ。
(Firenzeなんかはもっぱら冷凍の出来合いを使ってましたけどね。)

普通のパイ生地と違ってラードを使うので、生地はぱりぱり!!


美味しいけど、ちょっとでかすぎ。。。。。苦笑

関連記事
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://barboncino.blog16.fc2.com/tb.php/391-2ef29609
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する