FC2ブログ
2011.07.29

洗礼式

7月27日、サルちゃんの弟Vincenzoの長男DENNY(デニー)君の
幼児洗礼式(Battesimo:バッテージモ)がありました。

キリスト教の多いイタリアではほとんどの子供がやるんじゃないかな。。。。
そして南イタリアは信仰心の厚い人が多い

生後6ヶ月ごろに町の教会でやるのが普通らしく...
もちろんサルちゃんは8月に生まれてくるうちの子供も「Battesimoする!!」と言ってます。
(私自身は無宗教なのですが。。。イタリアで将来生活するかもしれない子供なら、キリスト教になってもいいのでは...と思ってます)


話がズレましたが。。。。
今までBattesimoの後のお祝いパーティに参加した事はあったけど。。。
ちゃんと洗礼式に参加するのは、初めて。

なんか、無宗教の私は「洗礼式」とかって神聖なる行事だし、ちょっとドキドキ


もちろん場所はアマルフィのカテドラル。
夕方18時~だったので、黄金に輝くカテドラルが綺麗でした。
DSCN3048.jpg
階段を家族と共に上がっていく途中、観光客やその場の人たちが拍手してくれてお祝いムード
(イタリアでは洗礼式や結婚式をやっているとその場の人が拍手したり「Auguri!(おめでとう)」と声をかけてくれたりします。)


カテドラルの中、端っこの一角で幼児洗礼式が行われました。
DSCN3029.jpg
神父様と洗礼を受ける子供、両親、それに教父・教母(第二の父、母)で最初にお話(?)を聞きます。

これが。。。宗教的なことだからなのか...
それとも私の語学力不足か...
まぁーったく何言ってるんだかさーっぱり、ちんぷんかんぷん

キリスト教徒になるので、名前の報告をして、これからデニーはキリスト教徒として。。。。云々かんぬん。。。
髪のご加護があるように。。。。云々かんぬん。。。。
とか言ってたんじゃないかなー???


その後額に聖水で十字をきったり、
聖水を頭にかけたり...
DSCN3033.jpg

白い教徒服をかけてもらい。。。
DSCN3039.jpg

大きなろうそくから、父親が持つろうそくに火をともし。。。。
DSCN3040.jpg

最後にお祈りをして、記念撮影。
DSCN3043.jpg
左から教母(奥さんの母:祖母)、Vincenzoの奥さんダニエラ、Vincenzo(サルちゃんの弟)、抱かれているのが息子のデニー、神父様、教父(奥さんの父:祖父)

当の本人、デニーは洗礼式の途中でちょっとぐずったけど...その後ぐっすり寝てしまい...
聖水かけてもスヤスヤおねんね。
デニーの上の姉妹たち(3歳と5歳)の方がぎゃーぎゃー騒いでた。笑


洗礼式の最中、何度も何度も、ミサのように参列者も復唱する事があり。。。。
私はまーーーーーーーーったくソレについていかれず...。
参列者の親族やお友達など、みんな普通に復唱していて(当たり前の事なんだろうけど)
私1人ずーっと口を開かず…なんだか申し訳ないというか...肩身が狭いと言うか...

「アーメン」ぐらいは知ってるし、わかるけど...
どのタイミングで言うのかが、わかんないって話。笑


その後、親族、友人でお祝いを兼ねて夕食会。
DSCN3054.jpg

風船に大喜びするデニーの姉妹3歳児で、やんちゃ盛りなエンジー。


帰り際には洗礼のお祝いにConfetti (コンフェッティ:アーモンドを砂糖で包んだりしたお菓子)を貰って23時ごろ帰宅。
DSCN3061.jpg


初めての洗礼式参加。
んーこーゆうものなのか。。。。と勉強になりました。

自分の子供も受けさせるとなると、私自身が無宗教では駄目なのかしら?
(講習を受ければいいという教会や、成人洗礼を受けなければいけない教会など、様々らしい)

イタリアはキリスト教が根付いていて、習慣文化にも深くかかわってくるキリスト教。。。。
私自身はあまり宗教に興味ないけど...
さすがにそーも言ってられないわよね。。。。

まぁ、子供の事は、生まれたら考えるか。。。。


関連記事
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://barboncino.blog16.fc2.com/tb.php/348-42c1c7a2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する