FC2ブログ
2011.07.28

NST ノンストレステスト

今日、朝8時から、ASLの病院へNST(ノンストレステスト:分娩前胎児心拍モニタリング)という検査をしに行ってきました。

妊娠後期、陣痛のきていない(ストレスのない状態)でする検査で
胎児の心拍数と子宮の収縮を調べる物です。
赤ちゃんが、「陣痛に耐えられる元気があるか」を調べるらしいです。

お腹にベルトで丸い機械を2個、固定して、そのまま30~60分安静にして、記録をとるというもの。
胎児が寝ていると、検査する時間が長引くとか。。。。

日本では37週とかの出産間近には1週間に1回とかの頻度で検査するらしいけど...。
イタリアでは、異常がなければ、今の時期(37週以降)と出産予定日数日前の2回らしい。。。。(少なっ!!)
まぁ、こんなただ座っているだけで1時間近くかかる検査を何度もするのは勘弁。。。って感じだけど。笑


8時にASLへいったのに、ちょうど月曜日が出産予定日の人がいて、彼女が先にNSTをやる事になり…
私の検査は9時過ぎから。。。。


ちょうど検査を始めた頃はお腹がモゾモゾ動いてて、SARAは目を覚ましていたらしく
検査結果の記録紙にも赤ちゃんの心拍が激しく上下し記録されていました。


今日はこのテストだけやって、記録紙を受け取り、終了。笑

いやいや、そのテストの結果、どーなのよ!って話なんだけど。
今日は先生の診察日ではないので、先生もいないし
そのまま助手の人に「終わりです」と言われ、帰って来ました。。。

この検査結果をまた先生のいる時に持ってきて、結果を見てもらいます。
(さすが、イタリア!こんなんじゃ、すんなり事が進まないはずだわ。)
と言うわけで、また来週月曜日の午後にASLへ行かなければなりません。。。。。


でも。。。ネットでちょっと調べてみたら、NSTの結果でどんな事がわかるのか、
心拍がどれぐらいが正常か等。。。調べれば出てくるもんですね。笑
産婦人科のHPや個人のブログなど…親切丁寧に記録紙の見方まで書かれている

日本のそーゆう親切な所、とっても役に立っています。はぃ。。。。

素人なので、たぶん。。。ですが。
Saraは順調に育っていて、問題ないはず。



そして。。。話は少し変わりますが。
今日も助手の人に聞いたところ…
「問題がなく、何も起きなければ、40週の予定日までは何もしません。」
(たとえ帝王切開でも。)と言われた。



私の見たネット情報や、Firenzeの病院で働く看護婦さんの話、帝王切開経験者の話では
「陣痛が来る前に手術」って聞いてたんですけどー!!!!!


結局破水陣痛を待つの?!


助手(看護婦ではない)の話しだし?
月曜日に先生に聞いてみないとわからないけど。。。。。。。

普通手術前はご飯抜きとか。。。(あ、全身麻酔じゃないからいいのかな?)
手術前になにか準備とか…あるんじゃないのぉ?!と思うのですが…。

しかも最近、本当に胎動が痛かったり苦しかったり...
お腹が張ることも多く...早くお腹から出て来い。。。と思うことが多いのに。
これ以上痛いであろう陣痛も経験するのかと思うと、さすがにビビるわ、あたぃ

Firenzeの友人ダニアの話では
「出産はあまりにも素敵な事で、後から聞いても、友達みんな痛みの事は忘れちゃったって言ってたわ。」
と。。。。イタリア人らしい励まし方をしてくれました。
(イタリア人、すげぇーポジティブ!みたいな。。。。)


今日も結局エコーをせず。。。なので逆子が直っているのかも、不明。笑
(もーSARAに話しかけるか、祈るしかないわな)

まぁ、でも。
40週の予定日まで、いつ来るかわからない陣痛に怯え(?)生活するしかないみたい...です。

今まで何とかがんばってきたイタリア(田舎町)での妊婦生活。
入院準備用のパジャマも使い捨てパンツも買いました。

あと20日間ぐらい...
頑張れ、自分。笑


関連記事
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://barboncino.blog16.fc2.com/tb.php/347-fe66a178
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ありがとう。
なんだかわけわからないまま、臨月になっちゃいました。笑
まーイタリア人も、こんなぐらいの検査で産んでいるんだろうし。
何とかなるっしょ。うん。
がんばるよーi-237
Posted by TOMO at 2011.07.29 18:06 | 編集
がんばって
イタリア式もいいんじゃない
Posted by パパ at 2011.07.29 10:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する