FC2ブログ
2011.07.13

Caponata???

Caponata(カポナータ)と言えば…
イタリア料理好き、コックさんでも、普通思い浮かべるのは…
シチリア名物料理「ピーマン、ナス、ズッキーニ等のトマト煮」ですよね?

今では割りとイタリア全土で見かける料理だと思いますが…。


Napali(ナポリ)近く、ここアマルフィでは
Caponata alla Napoletana
(カポナータ アッラ ナポレターナ:ナポリ風カポナータ)

という名前の、まったく違う料理が。。。。

正式な料理名は他にもあるのかもしれませんが…
サルちゃんに聞いても「覚えてない…」と言うだけで、わからなかったのですが…。
カポナータのWikipediaを見たら、ちゃんと2種類のカポナータの説明があった!!



こんな感じのお料理です。

DSCN2820.jpg

トスカーナの家庭料理、Panzanella(パンツァネッラ)に似ているのですが…(私が過去に作ったPanzanella

乾燥したパンを水に浸して、サラダとして食べる...というスタイル。
わりと私の好きな感じのB級グルメ。笑

トスカーナ地方のPanzanellaの場合、パンがふにゃふにゃになるまで水に浸し、
よーく絞ってサラダに混ぜ、パンもサラダもごちゃ混ぜ!状態なのに比べ、
ナポリ風カポナータはあまり水に浸しません!!!

半分パンがカリっとした状態で食べる物らしい。。。。
わかりやすく言うと...「大きなクルトン(スープとかに浮かべる小さいパン)がサラダに入っている。」みたいな感じ?
食感がカリカリと、美味しい

Freselle(フレセッレ)というパンまたはBiscotti di grano:小麦のビスケットを水で柔らかくしてサラダみたいに食べる物がナポリ風カポナータとWikipediaにありましたが。。。
このFreselleというパンが、ちょっと興味深い。
南イタリアのプーリア州、カラブリア州カンパーニャ州でよく食べられる物で保存がきくように、オーブンで2度焼きするらしい。
昔長い漁に出ていた漁師さんが持って行き、海水に浸して食べていた。。。と言う話もネット上で見かけました。


本来、このFreselleは水で軽く戻し、
トスカーナのBrusuchetta(ブルスケッタ)のようにトマト、バジル、ニンニク、オレガノを乗せて食べたりするものみたいです。
(この食べ方も美味しいそう



話がそれましたが…
Caponata alla napoletana。。。作り方は本当に簡単
火を使わないし、パンもサラダも一気に食べられるから、夏にはもってこいですね

入れるものは、冷蔵庫の余り物とかでいいと思われます。笑
トマト、玉ねぎ、コーン、豆類、チーズ、ツナ、アンチョビ、バジル、オレガノ、ケッパーなどなど。。。。

先に上記の材料を混ぜ、味付けしておく事がポイント。
サルちゃんはオリーブオイルと塩のみで味を調えていました。
(ワインビネガー入れてもいいみたい?)

最後にパンを水に浸し(サルちゃんは1分も浸していなかった!)それをサラダにあわせて出来上がり。

パンがふにゃふにゃになってはだめ!!らしい。。。。
(これはトスカーナのPanzanellaと大きく違うところですね)

サルちゃん、私が前に作ったPanzanellaを「美味しいよ」と言って食べてましたが...
本当は「パンがふにゃふにゃじゃん!」と思っていたのかも?!


Firenzeにいた頃、Panzanellaは家にある乾燥したパン、余ったパンを使っての料理...だったのですが。
こちら、アマルフィのスーパーにはナポリ風カポナータ用の乾燥パンが売ってます!
DSCN2815.jpg
乾燥したパンを買うのって、どーなの?とも思いますが...。笑
小麦ビスケットがナポリ、アマルフィに近いAgerola(アジェーロラ)という町の伝統的な食べ物らしく、この買った乾燥パン(ビスケット?)もAgerola産と書かれていました。




イタリアで生活していても、日本人だと知らない事、知らない食べ物っていっぱい。。。。
イタリア人と一緒の生活ではもっと深いイタリア料理、伝統などが垣間見れて、今まで知らなかったイタリアを新しく発見することが多いです。

関連記事
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://barboncino.blog16.fc2.com/tb.php/331-edbcf88d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
まさにB級だわね。。。
パンが乾燥しても食べられるように…保存がきくように。。。と考えられた食べ物なんだろうけど。
なかなかマイナーな感じだよね。
レストランとかではあまり食べられない物かもね。

このビスケットパンはなんか不思議なカリカリ感があって、美味しいんだよ。
日本に帰る機会があれば買って帰るよ。
変な物だけどね。笑
Papaが興味ありそうな粉物だよね。
Posted by TOMO at 2011.07.15 21:36 | 編集
読んでるかぎりでは全くうまそうじゃない

ただ、小麦粉に汁をしみ込ませるというのは
結構世界あちこちにある喰いものなのではないか
それもソ-ルフードというか
その場所場所に根付いたB級なのではいか
と以前から考えていた私は
この乾燥パンに興味を持った

日本の立ち食い天ぷらそばはコロモに出汁がしみ込んだものを楽しむ喰い物だし、アメリカのマイナーハンバーガー、ホワイトキャッスルのハンバーガーは鉄板の上で焼くパテの上に大量の玉ねぎを散らしその上をパンで蓋をして蒸らし焼きにすることでパンに旨みを吸わせてグニョグニョにするという調理法で、これはアメリカの学校給食に出るハンバーガーに近いのだと聞いたことがある

で、この手のは子供のころから食っているまずうまいものなので
サルちゃんは、実は違うんだよなー、と思いながら喰っているというのはあったってるよ、きっと
Posted by パパ at 2011.07.15 08:58 | 編集
管理者にだけ表示を許可する