FC2ブログ
2011.06.16

イタリア国民投票

私はまだ政治経済を全部理解するほどのイタリア語力はないのですが。。。


イタリアで国民投票が6月12日、13日で行われました。

1987年チェルノブイリ原発事故後、国民投票で原発廃止を決めイタリアの全4基を閉鎖したのですが
2008年にベルルスコーニ氏が原発再開を表明。。。。
「反原発国民投票」は野党がベルルスコーニ政権に揺さぶりを掛ける目的で一年半前に持ち出したものだったらしいけど、
日本の原発事故後、再開凍結と言い出したベルルスコーニ氏。

ベルルスコーニ氏の再開凍結宣言後も日本のニュースが報道され、国民の注目が集まる「原発問題」。

ベルルスコーニは国民投票をボイコットするように訴えかけていたって言うんだからすごいよね。
(投票率が50%を超えないと無効になってしまうため)
「イタリアのメディアの70%をコントロールする」といわれるベルルスコーニ氏はテレビなんかで国民投票の宣伝をしなかったり、投票日を間違えてニュースで読ませたり...。
(これにより、国民投票はベルルスコーニに対する不信任投票に変化した。。。ともいわれていますが。)


結果、国民は「原発反対」を投票で示した。(原発凍結賛成票が94%)
これでイタリアでは将来的にも原発再開、建設は出来なくなった。。。と言っていいのではないだろうか。
(サルデーニャ島に原発を作る動きがあったんだよね。。。)

でもイタリアは電気をフランスなどから輸入している...。
フランスは8割の電力需要が原発。
他国の作る原発を輸入して使っていて、イタリアでは原発は廃炉。。。

フランスなんか陸続きだから、イタリアで原発をなくせばいいって問題でもないしね。。。
難しい問題ですね。

これからどーなるのか、イタリア...。
イタリアにも日本の原発事故の影響があったようです。

関連記事
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://barboncino.blog16.fc2.com/tb.php/300-167e8159
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する