FC2ブログ
2011.04.24

パスクア

Buona Pasqua!

前にも書いたとおり、2011年のPasqua:キリスト復活祭は4月24日です。
(復活祭は春分の日の後の最初の満月の次の日曜日とされ、毎年日にちが変動する)

パスクア前には、挨拶代わりに別れ際に「Buona pasqua!」→「良い復活祭を!」と言います。
また、当日はお正月やクリスマスのように「Auguri!」→「おめでとう!」と言ったりも。。。。

そんなPasquaはキリスト教の3大祭りの1つでしょう。

と言っても、家族や親族で過ごす人も多いみたいです。
本当にイタリア人は家族の絆が強い。

最近では「復活祭は恋人と、クリスマスは家族と過ごす…」と言われているようですが…。


イタリアのこのような行事事に付きまとうのは、やはり「食べ物」
日本で言うお節とか、土曜の丑。。。とかそんな感じですかね?

イタリアは北と南で国を分けよう、という提案があったほど、州によって色々食・文化・言語などが異なる。


今までFirenzeに滞在していたので…トスカーナ州の事しかほとんど知らなかったんですが。
ナポリをはじめ、南イタリアでは復活祭の時期に出回るお菓子とパンがありました。

お菓子のほうはイタリア人の間では有名なので、ナポリのお菓子だけど、復活祭の頃にはフィレンツェでも見かけました。(と言うか、作ってた)
また本来復活祭のお菓子ですが、ナポリでは年中見かけるみたいです。

「Pastiera」(パスティエラ)と言うお菓子。
DSCN2079.jpg

タルト生地に麦を牛乳と砂糖で煮たものとリコッタチーズ、卵、牛乳(または生クリーム)、オレンジの皮、オレンジの花のエッセンスを流し込み、オーブンで焼くものです。
中身は結構ずっしりと、もったりとし、オレンジ花の香りが独特で、タルト生地と一緒に食べると美味しいです。


縁起物(?)だし、やはり現地にいるので、1カット買って食べました。
DSCN2085.jpg

(さすがに一気には食べられず…夕飯後と朝食とで2回に分けて食べましたw)

そして。
昨日たまたま見かけた新聞に載っていた、パン。
その新聞は復活祭の食べ物特集で、Pastieraやイースターエッグ(チョコ)などが載っていました。

その名も「casatiello」(カザティエッロ)
DSCN2087.jpg

私も初めて見た物で…サルちゃんに食べたーい!!と訴えて、スーパーで売っていた物を購入。
新聞の写真で見たように、本当に卵が丸ごと、そのまま入っているパン。笑
DSCN2089.jpg

卵の殻は?とか、卵はどーやって食べるの??とか色々疑問はありますが。。。。
(鶏は1個の出口から卵も糞尿も出すのよ!!!とか思ったりもしますが…オーブンで焼いてるからいいのか?)

このパンの中には豚バラを細かくした物が入っています。
少し固めのパンで、結構塩味がきいて、胡椒もかかってました。
フィレンツェの塩味なしのパンに比べると、これだけでも充分味のあるパンで、私にはなんか新鮮でした。

サルちゃん曰くラードを使ったパンなんだそうで、卵は復活祭のシンボルでもあるので、飾り(?)らしいです。

ちょっと調べてみたら、本当は復活祭の前日の土曜日の御昼に食べ、残りは翌日にピクニックに行って食べたりするんだとか…。
作る人によってはチーズ、ハムなどを入れるようですが、卵丸ごととラードを使用し、胡椒がいっぱいと言うのはこのパンの特徴みたいです。



おまけに、イースターエッグも買ってくれました。笑
冗談で「卵(チョコ)は買ってくれないのぉ?」と子供みたいな事言ったら、買ってくれた。。。。
そして復活祭のお菓子の定番、Colomba(コロンバ)も購入。
DSCN2083.jpg


今年は私は妊娠中で家にいることも多く、復活祭らしい食べ物に囲まれ
(本来復活祭の夜は羊の肉を食べるらしいけど…サルちゃんがあんまり好きじゃないので、それはなし)

イタリアの復活祭!と言う感じをはじめて味わいました。笑

関連記事
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://barboncino.blog16.fc2.com/tb.php/271-e65099ce
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する