FC2ブログ
2011.04.19

滞在許可証 その3

先週の金曜日に朝5時起きでバスを乗り継ぎ、行った警察署。
人手不足だから…と火曜日の1番の整理券をもらい帰ってきました。

(過去ブログ→ 滞在許可証 その1   滞在許可証 その2


そして、火曜日。
それ以外のバスはないので、やはり5時起きでサレルノへ。。。。



警察署に着くと、今日はさらに人が少なく。。。。10人弱しか並んでいなかった。
数名は金曜日の人で、整理番号持ち。
私たちも1番の番号を持っているので、気分的にも余裕~という感じ。

8時半に開いたはいいが。。。。。
相変わらず、8時半に警察署あけてから、近くのBARのスタッフに朝食持って来て貰って、食べ始めたり。。。。
仕事始める時間に席についてなかったり…。

1番の整理番号持っているのに、私たちの手続き開始はAM9:00少し前。
サルちゃん(旦那)と「本当に整理番号1番でよかったねぇ。。。」としみじみ。笑


Firenzeの警察署しか見たことない私は、窓口が3個しかないサレルノの警察署にびっくり!!!
Firenzeは25個ぐらい窓口がある。。。(ってそれでも開いているのは7割とかだけど。)


今まで学生の滞在許可証だったので、
郵便局から申し込みキットと申請書類のコピーを送り、1~2ヵ月後の指定された日に警察署へ。
書類のオリジナルと写真と収入印紙とを持って行き、指紋を取り、申請。
(朝から並んで申請まで半日かかる)
またその1~3ヵ月後に再度警察署へ行き、やっと滞在許可証カードがもらえる。
(朝から並んで受け取りまで半日かかる)
と言う流れで、申請から受け取りまで2~5ヶ月かかってた。
(これでもかなり早くなったほう。ww)


今回は妊婦用の滞在許可証なので、郵便局からの申請キットも送ってないし、予約もなし。
本当に大丈夫かな…と心配だったけど。

妊婦には優しいイタリア。笑

写真、収入印紙、医者の診断書コピー、パスポート、パスポートの前頁コピー、子供の親(旦那)のサイン入りの書類、学生の滞在許可証を提出して、はい、OK!と。。。。
その場ですぐに紙切れの滞在許可証をくれました。


私が一番最初にイタリアに留学した頃(2004年)も紙切れの滞在許可証でした。
今はプラスチックのカードになったけど、カード作るんでも、イタリアは時間がかかるしね。。。。
今回も予想はしていたけど、A5サイズの紙の滞在許可証でした。


なぜか、指紋は学生ビザの時よりも入念に、いつもと違う大掛かりな機械で、手のひら、10本の指(しかも、指を押しながら回転して、指紋部分全部)、4本の指一緒に…といっぱい取られましたが。。。。

ま。
とにもかくにも、その場で滞在許可書がもらえるなんて、学生滞在許可証を考えたら夢のよう。笑


そんなわけで。
5月に切れる学生滞在許可証とおさらばし、子供が生まれて6ヶ月まで有効の妊婦用滞在許可証をイタリア政府から頂いてきました。


関連記事
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://barboncino.blog16.fc2.com/tb.php/267-e7c184e1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する