FC2ブログ
2011.03.27

アナログ生活な田舎町。

いつかの日記にも書いたけど…。

私の住むあたりは海と崖(山?)の町。
世界遺産の「アマルフィー海岸」自体がそのような場所になるわけですが。

Wikipediaからの引用
狭い土地を有効活用するため、アーチの上に家を建て、上へ上へと建て増したため、断崖にへばりつくように建物が密集している。外敵の侵入を妨げる為もあって階段で出来た路地が複雑に入り組んでいる。

この辺一体はとにかくど中心地以外、家に到着するまでに階段を登らなければいけない。


私の家までもバスから降りて171段の階段がある。

そんな断崖絶壁なところでも役立っているのが、ラバ(Mulo:ムーロ)君。
(日本でラバってなじみが無い動物な気がするけど。。。。)
P1090216_convert_20110327161326.jpg

階段上にある工事現場までの荷物運びなのだ。

先日の崖崩れ現場でも働いていたし、家の近くの階段でも見かけたり…。
階段にはよくラバの糞が落ちています。笑



私の住む町Pogerola(ポジェーローラ)からAmalfi(アマルフィ)に下りる山道階段も昔のラバ用の道なんだとか。
DSCN1925_convert_20110327183521.jpg

私はAmalfiに週に数回降りますが、運動不足もあるので、行きだけはこの山道をテクテク下ります。
時々ココにもラバ糞があるので、今でも使っているのかも??

さらに、羊の糞も良くあるのですが、先日出くわしました、羊飼いと羊たち
その時に見張り(?)の犬に足を噛まれる事件もあったのですが。苦笑

山道のお散歩らしく(?)羊10匹ぐらいが首につけたベルを鳴らしながら、山道でウロウロ。
羊飼いは、「アルプスの少女ハイジ」に出てきそうな服装でした。


南イタリアは羊乳から作るチーズ(Ricotta:リコッタ)モッツァレラチーズ(Mozzarella:モッツァレッラ)が有名。

Wikipediaによるとモッツァレラチーズは18世紀にサレルノ(Salerno:サレルノはアマルフィから1時間の町)で誕生したんだとか。

もちろんFirenzeでも食べたり目にすることは多々ありましたが。
やはり、フレッシュチーズは鮮度が命。

スーパーで買うフレッシュチーズが美味しいおいしい!


Firenzeでは見かけたことの無い(って私が知らないだけかもね)
フレッシュリコッタチーズの塩味というのが、Amalfiに存在した!

って、夏はフレッシュチーズが痛みやすいから、ちょっと塩でしめました、みたいな物なんですが。
大体3月中旬ごろから出回るらしいです。
見た目は普通のフレッシュリコッタ見たいなものですが、ちょっと塩でしめてあり、固め。

パンにのせて食べてもよし。
そのまま食べてもよし。
パスタに入れてもよし。



Firenzeは肉関係(猪とかTボーンステーキとか、モツ系とか)が有名だったけど。

Amalfiは海の町なので、もちろん魚介は毎朝豊富に魚屋に並んでいます。
(朝~昼までの営業でなかなか買いにいかれないけど)
何度も描いたレモンも有名だし。
フレッシュチーズたちも豊富。

今度は南イタリアの食材に、しばらくはやみつきです。笑




関連記事
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://barboncino.blog16.fc2.com/tb.php/258-988e7d8f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する