FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.06

びっくり続き。。。。

カンパニャ州に到着して5日ほどたちましたが。
あっという間だ。
もぅ1週間もたとうとしているのに!!
しなきゃいけない事が何も進んでない!!!!!!


5日住んだだけで、色々な事に驚かされます。笑

やっぱり小さな町だけあって、古い習慣も残ってるし、
Firenzeみたいな比較的大きな町では見かけない風習もあるみたいです。


町で誰かが亡くなると、町を霊柩車を囲んでお墓まで牧師さんと知り合いで歩き
町にある商店はその集団が通る間はお店を閉めなければいけないらしい。

Firenzeの中心地に住んでいた私はもちろんそんな事知らないし、見たこともない!

真昼間にお店が急に閉まりだし、びっくりしました。


また、これは習慣とかではないけれど。

土曜の夕方、普通に(?)がけ崩れがおきまして。。。私ら、家に帰れませんでした。ww

ちょうど午前中からサルちゃん(旦那)の実家に来ていたんですが、雨が数日降り、
久々の大雨で山が崩れたそうです。wwww

(えぇーありえねぇー!!!と思ったけど、こっちでは年に何回かどっかでこんな事があるらしい)

ちょうど私たちの家のある山の上に伸びる道の途中での土砂崩れ。
車のない私達はバスを使ってPogerolaとアマルフィ間を移動していたのですが…
バスはもちろん運行中止


ちょうど土曜日の夜に家族集合で夕食会を企画していた為、私たちも実家へ来ていたのですが…。
これまたすんげぇー大家族

サルちゃん(旦那)は7人兄妹の長男

昨日実家に集まったのは2人の兄妹家族だけなのに、
そこにパパとママ、2人兄妹とそれぞれの旦那や嫁、子供たちが集まり、私らも含めて
総勢13、5人!
(13、5人のうち、3人の子供と2人の乳児、私の腹の子を含む)


南イタリア人はもともと声もでかく、賑やかで騒がしいんだけど。ww

夕食会はお酒も入り、子供はぎゃーぎゃー、犬もいたりで、まぁー大騒動。

もちろん、こーゆう時のコック役は元コックのサルちゃん。www

私は妊婦で新入りのかわいいお嫁さん扱いを受け、なぁんにも手伝わず、ただ食べるだけ。
妊婦に対する扱いが、女王様状態で…なんか恐縮しちゃいますが。
そこはそこで、甘えておきましたwww


そんな土曜日を過ごし…日曜日。
雨もやんで、一応晴れていたので、道が通れるようになっているかと思っていたのですが、
駄目で。

無理矢理山を登って(階段らしいけど)帰ろうと試みたところ、サルちゃんの知り合いが車で通ったので便乗して山の上まで乗せてもらい、何とか家に帰れました…。

一応警察が道路閉鎖しているけど、さすがナポリ人。
通れるようなら、通っちゃうんですね。(土砂崩れしたままなので、危険だけど)
さすがにバスは通らないけどね。


実家で料理人として今まで料理担当していたサルちゃんは、
なにかと家族に「ご飯つくりに来て」と言われるので…
結局日曜日も1日実家で過ごす事に。。。。。

再度山を下りるのは30年前に作った山道の階段を使いました。
(工事等の為のコンクリとかをロバに乗せて運ぶ為に作った道なんだとか。)

妊婦で、昨日の雨で湿った山道の階段はちょっと恐ろしかったですが…
なんとか30分の山道を下りる事ができました。
ほんと、小学校の遠足みたいでした。www

あんな山の中歩いたのは久々だわよ。。。。。


と、言うわけで、今日(日曜)も道が閉鎖されたままなら、
(土日は、まぁ閉鎖されたままでしょう。。。。たぶん)
私はなぜかサルちゃんの実家に週末連泊する予定。ww


相変わらず私のFirenzeから送った荷物が届いてないので、家にいてもする事ないし、
物が足らないので、実家に来ているほうが、何かと楽なんだけれども。www


インターネットも、私の住むPogerolaという町には、
いまだに…
い・ま・だ・に!
ADSL回線が来てないとかで。。。
(これには、結構な衝撃を受けた。)

3月末に工事終了予定らしく、しばらくはネットも不便な携帯接続。
(携帯でも繋げられるだけ、まだましか?)



そんな、南イタリアの田舎暮らしです。。。。



関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://barboncino.blog16.fc2.com/tb.php/253-90854d40
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。