FC2ブログ
2011.03.03

海の田舎町

無事Pogerolaに到着しました。

今回の引越しは初の長距離引越し。
Firenzeから600KM位離れた南イタリアへ。

今回は配送業者にダンボールを頼んでの引越しとなりました。


前の記事にも書いたけど…28日に荷物を取りに来てもらうはずが…
さすが、イタリア。
何十回も電話で
「いつトラック来るの!!」「あと5分で!」
「まだ来ないけど!」「今、もう着きます!」
「ちょっとぉ!」「今、向かってるらしいので。。。!」
と、単なる電話代の無駄使いな会話が何度とやり取りされました

結局28日は引き取りに来ず…
翌朝の1日の9時前にトラックが来る事に…。

28日の夕食会は最後なので、Firenzeのお姉ちゃんDaniaとLorenze夫婦、サノッチと私とサルちゃん(旦那)で夕食会。
最後は涙も出ちゃうし…
号泣しそうできちんと挨拶が出来ませんでした…。(ちょっと後悔)
でもDania達は7月の休みで、サノッチは8月にアマルフィへ来てくれるという約束。
「また絶対会える!」と思って…最後の別れをしました。

やっぱり誰かとの別れって、苦手だわ・・・。



翌朝8時半からまた配送業者と電話のやり取り…。
昨夜の悪夢がまた繰り返され…
さすがに今日は12:10の切符で出発予定なので、焦るが。。。
相変わらず業者とのやり取りは変わらず。。。。苦笑

そもそも電話している先は南イタリアの会社で、トラックはFirenze支社からくるとかで。。。
直接電話で話せない事もイラつく原因でした。笑
(プライバシーの関係とかで運転手の電話番号は教えてもらえず…)

サルちゃんはテレビも片付けて何もすることの無い家で待てず、寒い中ドアの前で待ちぼうけ。。。。ww


11時過ぎ、1回だけ出来る切符の時間変更をする。
意地でも今日中に出発したい!と16:10発の電車に変更。

そんな中でもイタリア人は御昼ご飯を食べる時間は動かない、というのは暗黙の了解なのか?
サルちゃん「12時~13時は来ないよ…」と。
さすが、というか。。。イタリアって、すげぇ!みたいな。。。。


13時からまた業者との電話のやり取りを再開。
同じことを繰り返し…あっという間に15時半!
16時の電車ももぅ乗れないかも…150ユーロ捨てるのかぁ…と諦めかけた頃。


15:45に、奇跡的にトラック到着!

運転手は1人だけど、荷物を運ぶのを手伝ってる時間もない!
伝票のやり取りも無理!
兎に角、家の中からダンボールを出し、家の鍵をかけ(家の鍵はポストに入れ)
新しい家の住所を書いた紙を運転手にわたし、
「時間が無い!!!行くよ!!」とヒステリックに叫ぶ嫁。。。。みたいな図。www

そして、15:55に家を出て駅までダッシュ!!!!!!!!!

こんなに焦ったのも久々。。。。
スーツケース(小)とリュック(小)をもって、小走りで10分。
(サルちゃんはスーツケース(大)とバックパック、IKEAの袋を抱えてだったけど)

経産婦の友人が「妊婦は引越しをしちゃいけない」と教えてくれたけど…
この時に、ほんと身にしみました。。。。。

結局ダンボールも短距離だけど運んだし…
スーツケース持って小走り…って、こんな無理したのも久々だけど、
そんなの気にしてもいられない状況だった。

そんなこんなで駅には16:05に到着。
無事電車に乗ることが出来ました。(電車は5分遅れで出発だった)


電車は20時にサレルノに到着。
駅からバスもつらいだろう、とサルちゃんが友人に来るまでお迎えを頼み、
21:30には家に到着。

実際走ったのは10分ぐらいだし、その後は電車で座っていただけなのに、家に着いたころにはぐったり。
サレルノ駅からの山道でも車酔い気味で…家までの階段がかなりしんどかったです。


サルちゃん曰く40段ぐらいの階段との事でしたが…
倍ぐらいありそう。。。。
今度何段あるのか、数えたろ…と思ってます。


そんなこんな今回の引越し。
サノッチがイタリア人に聞いた話では「引越し業者が来ないってのはイタリアではあること」らしいです。
ほんと、よくわからないわ、イタリアって!!!!



逆に走ったり、ゆっくりご飯も食べない日本の配送業者とか…すごいよなって。笑
時間にも正確だし。。。感心してしまいます。

また日本のすごさを再確認しました。笑




そんなこんな、ドタバタでFirenzeを離れる実感もなく、寂しさに浸る時間も無く…離れてしまいました。


関連記事
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://barboncino.blog16.fc2.com/tb.php/252-02f8c3d1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
引越し大変だね
海の田舎町で体ゆっくり休めてね
Posted by パパ at 2011.03.04 16:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する