FC2ブログ
2010.03.10

新しい家に住み始めて2週間目。。。。

新しい家は1階ということもあり、湿気の多い家で洗濯物が乾きません…
そして、なぜか一緒に住むはずのPaola(一番最初の留学時の家の大家60代後半女性)も越してこない…。

Paolaの部屋はもともとワイン置き場用であろう。。。地下の部屋。
窓も無く…湿気も寒さも半端ない。。。。
もともと、Paolaの息子夫婦がその部屋でFirenze生活を再開する予定だった。
地下の部屋は2人でも余裕があるぐらい広い部屋なので…
1階の部屋を私に…地下の部屋を夫婦で、、、と言う話だった。

が。
日本人妻が2人きりでの生活を望み…
私は入居を決めてしまい…
地下の部屋へは結局ママのPaolaが入居する事に…。
(Paolaは他にもちろん住んでる家があったのだけれど…)

と、まぁ、複雑な事情が絡んでしまったけど…
私は1階の部屋だし、トイレも個人用だし、住めるなら何でもいいわ…
っていうか、現在1人暮らし状態でラッキーぐらいにしか思ってないけど。





先日3月8日はイタリアでは「女性の日」だった。
バレンタインデーも終わったばかり…さらに、イースター前!!!
ちび祭り的な?
意外と中途半端な日。



一応街中はミモザ(アカシア)の黄色い花が飾られ、
男性が女性にミモザの花をプレゼントする…日。

DSCF5253_convert_20100311051512.jpg

このアカシアの花、小さい黄色い丸い花で、、、
結構かわいらしい。
(スポンジ生地の黄色いところを使って作るミモザの花をイメージしたタルトも出回る)


でも、バレンタインデーも終わったばっかりだしねぇ。
いまいち盛り上がりに欠けるんだけど…。

そんな「女性の日」。
Firenzeで生活して3年目ぐらいにして、
この日に女性のみ美術館等が入場無料になると言う情報を入手!!!


仕事もちょうど公休だったので。。。。
一緒に働いている佐古ちゃんと一緒にFirenzeのPalazzo Vecchio(ベッキオ宮殿)へ行ってみた。

この宮殿の中に市役所があったりもするので、入り口だけは通過した事があったし
建物の前なんか、しょっちゅう通る。
宮殿の有料部分には入った事なかった。。。

ネットによると。。。。

1299年から1314年にかけてアルノルフォ・ディ・カンビオによって建設され、初めは、フィレンツェ共和国の政庁舎として使われ、一時、メディチ家もピッティ宮殿へ移るまでここを住居としていた。
現在は市庁舎として使用されている。


らしいです。




まぁ、タダだし。。。入った事ないし、いこっか。。。。的な軽いノリで行って見ました…。


中は大きな広間や、小部屋、教会みたいな祭壇やらとやたらと広いし、
天井は金ぴかだったり、絵がかかれていたり…
豪華でした。

500人の大広間
DSCN2240_convert_20100311042833.jpg

ここは、ネットによると…
2007年5月、イタリア文化庁は、レオナルド・ダ・ヴィンチの幻の壁画「アンギアーリの戦い」が500人大広間にあるヴァザーリの壁画の裏側に隠されていると発表した。
らしいが。。。。どこの裏だったのか。。。すらわかりません。



今でも(?)会議とかに使われるのか、机やらマイクやらいすが並べられていました。
というか、体育館?ってぐらい広い!!!



こちら、ゆりの間
DSCN2246_convert_20100311044402.jpg
メディチ家の紋章、Firenzeのマークでもあるユリが壁中…天井にもちりばめられた部屋。
DSCN2245_convert_20100311054512.jpg



少しだけ美術鑑賞し。。。?
タダと言う事で、気分的には満足した1日でした。


関連記事
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://barboncino.blog16.fc2.com/tb.php/202-62a8852f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する