FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.08

身分証明書

過去のBlogにも書いたけど…
去年10月15日に住民登録の手続きをした。

その後家に市役所の人が確認に来るとか、来ないとか…
家に不在票が届いてたり…
家にいる時間をこちらが指定してFaxしたり。。。
まぁ、それなりにすったもんだーありましたが。


そこらへんはイタリア
確認ってポストに名前が貼ってあるかぐらいしかしてないと思うけど…

先週、急に「登録完了通知」が届く

まぁ、何はともあれ、これで無事私はFirenzeの住民ですよ、となったわけなんだけど。
(住民税とかって。。。。どぉなるんだろか?日本なら、住民登録したら支払い義務があるんじゃ??)



住民登録するのは、もちろん家の確保(住所の確保)が必要で
イタリア人以外には、意外とそれが大変なんじゃないかと思う…。
と、いうのも。
何度も書いてはいるけど。
家を借りる場合、1人暮らしと言っても、間借りという感じになる事が多い。
シングル3部屋、キッチン、バストイレの家を3人で各1部屋ずつ借りる。。。とかね。

本来なら大家さんは、貸している部屋に誰がどれだけ住む…と市に報告、登録しなきゃいけないみたいだけど。。。
そして、もちろん、契約書を交わし、家を貸す、借りるのが普通。

でも、その普通な手続きをすると大家は税金を払わなければいけなくなるので、
(見学したどっかの家の大家いわく、家賃の32%ぐらいの税金を納めなければいけないらしい)
契約書を交わし、きちんとした形で家の賃貸をする人はそんなに多くない。
要するに、家賃全額をポッケにいれちゃう、、、、。

(もちろん不動産屋で家を見つければ、契約書も交わすし、大家もちゃんとした手続きをするんだろうけど。)


そのちゃんとした手続きがない場合、その家で住民登録は不可能になる。
ネットや、知り合いを通じて見つける家のほとんどが、このような賃貸。
ホント、契約書なしの賃貸ばっかり!

また、1つの家で(広さとかにもよるのかもしれないが)住民登録できる人数も限りがある。

と、言うわけで、住民登録が私的には一番難関だったのだけれども・・・・。


この住民登録は他の手続きをするための第一段階。



今日はFirenzeの戸籍課へ行ってきた。
(Firenzeは町全体を4区ぐらいに分けてあるので、自分の住民登録した地区の戸籍課へ出向く。)


と、いうのは、Carta d'identita(カルタ ディデンティタ)という身分証明をもらうため。

イタリア人はみんな普通に持っている身分証明でイタリア人はユーロ圏への移動はこれがパスポート代わりになる。




本来外国人はイタリアに来たら滞在許可証を申請、所持しなければいけないので、それでもいいんだけど。
他の書類申請(一時必要になりそうだったほかの証明書)の時にこの、住民登録→Carta d'identitaが必要になる。

イタリアは15歳以上の人間は身分証明書を所持しなければいけないらしく、
私たち外国人は滞在許可証とともに、常に持ち歩かなければいけない。
(警察に職務質問されて、パスポートのコピー出したら、怒られた経験あり)
パスポートなんて毎日持ち歩いてる人はいない。。。。

パスポートは紛失すると大変なので、このcarta d'identitaを持っていれば良い…らしい



そして、イタリア人はみんな持っているこの身分証明書を、持ちたかった。。。。私。笑





こーゆう事務手続きって、いまだに行く時は緊張する。。。。


普段使わない言葉が出てきて、意味がわからないかも…とか
対応が悪かったら嫌だな(イタリアのお役所関係はあんまり良いイメージがないのが普通)
書類不足で追い返されたらどぉしよう。。。
待ち時間死ぬほど長いかも…(イタリアのお役所、仕事遅い。)

とか。。。ね。


今日はバスに乗って、ネットで事前に調べ、ダニアにも聞いて
パスポート
写真4枚
滞在許可証
一応住民登録の完了通知(登録が完了している事が必要となるため)
を持って行った。


一応イタリア語のできる日本人女性には、そんなに対応悪くないのか?
今日は受付も、手続きしてくれた人も、親切だった


しかも、後日送付されてくるのかと思っていた。
というのも、2005年からICチップ入りのカードになりつつあり、
古いタイプのものは写真を貼った紙のもの。

が。
有無を言わさず、紙タイプのものを作り始めた。笑
しかも、その場で!


住民登録の確認と、その場で生年月日と身長を申告して…
6ユーロ払うと…
出来上がったのが


じゃーん。

DSCN2234_convert_20100208234937.jpg


名前に生年月日、住所、国籍、身長、髪の色、目の色が記載されています。
(その他、眼鏡とか、特徴があれば記載される)

髪の色は「」って、まぁ、そぉなんだけど。
目の色が「Castani」(栗色)と。。。。
黒だと思っていたし、髪もまっ黒ではないと思っていたけど…。

ま、その辺は見た目で適当に判断されたんでしょう。

ちなみに、イタリア人の髪の色、目の色ってすんごい色々。
髪は黒から茶、薄茶、濃茶色、金髪、赤毛。。。。
目も茶色に青に黒、緑…



そして、このCarta d'identita。
イタリア人の15歳以上はすべて持っているので
結構そこいら辺じゅうで入れ物が売っています。
(なんせ、紙製なのでね…)
私も何か入れ物買おうか…??
財布に入れられる大きさ…って聞いてたけど。
結構でかいし、邪魔。。。。
って事で、財布をでかいのに買い換えようかな。。。。。。



単なる身分証明書だけど。。。。
ちょっとうれしい。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://barboncino.blog16.fc2.com/tb.php/198-a3923072
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。