FC2ブログ
2009.10.20

事務手続き

イタリア生活トータル3年目(?)ぐらいにして、
やっとこの間住居登録の手続きをした…。
(参照)


その手続き完了証明で、
今度は、イタリアの国民保険に加入できる…。


私は持病の喘息やアレルギー性鼻炎。
扁桃腺も弱い事から
ダニアや店の同僚にも薦められ
今度は国民保険に入ろうと、保健所へ行ってきました。


今現在は住居登録の手続き完了証明書しかもっていないので
保険加入が6ヶ月間のみ。
その後、住居登録がちゃんと済めば1年ごとに加入可能になる。


が。
今はもぅ10月末。

保健所のおばちゃん曰く
「今お金払っても年末までの保険になっちゃうから、来年からのほうがいいのでは?」
との事で…。


バスに乗ってわざわざFirenzeの外れまで行ったのに…
結局保険には入りませんでした。
ま、来年1月にまた考えよう。。。。。


ちなみに1年間で149ユーロ

保険に加入すると、家から近い医者を紹介してもらう。
普段風邪や小さな病気、怪我ではその自分の医者へ行き
処方箋をもらい
薬局で薬をもらうのがイタリア式。

薬代はかかるけど、
医者代はただ…だったはず。

大きな検査が必要になるような場合、
その自分の医者が大きな病院を紹介してくれる仕組み。

なので、誰でも彼でもいつでもそこらへんの医者にかかれるわけではない…。

日本なら、保険に加入していれば
町で見かけた医者、病院でいつでも診てもらえるのに…。

イタリアではそーゆうわけにもいかない。。。。


めっちゃでかい大学病院は見たことあるけど。。。
たしかに、小さな町医者みたいのは見たことないし…
どこにあんの?って感じ。



もちろん、救急病院は存在するし
救急車もある。

こちらはもちろん、いつでも誰でも緊急時に行かれる。


私は喘息もめちゃくちゃひどい発作がでるわけでもなく…
日本から持参した吸入薬があるので。。。
今の所、救急病院も、救急車もお世話にはなってないけど…。

少しぐらいの腹痛、頭痛、骨の痛みとか…
日本から持参の薬、シップでどーにか生きてきた。

どーにか、なるもんですね。


ま、でも日本に帰ったときは
歯医者、内科、皮膚科、とはしごしなきゃいけないけど…。

出来れば、整形外科も行っておくか。




来年こそ、国民保険に加入しよう。。。。



って、手続きが。。。
めんどくさい。
´д`トホホ


関連記事
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://barboncino.blog16.fc2.com/tb.php/182-d640abd2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する