FC2ブログ
2011.04.13

滞在許可証

今週中にはQuestura(クエストゥーラ:警察署)へ滞在許可証の更新へ行く予定です。


イタリアに滞在するには、滞在許可証の申請が必須です。
日本からイタリアへ来る時は日本にあるイタリア大使館から出されるVisto(ビースト:ビザ)をパスポートに貼り、入国。
その後滞在許可証を申請します。

普通学生は1年ごとの滞在許可証をもらい、毎年更新します。
毎年更新の時はビザは無くても、学校等の必要書類がそろって条件をクリアーしていれば現地で更新可能。



私の滞在許可証はちょうど5月はじめに切れるので、今後どのように手続きするのかを弁護士さんに相談してきました。

諸事情で、今度申請する滞在許可証は「妊婦の為の滞在許可証」と言う物になります。
(子供が生まれて6ヶ月までの滞在許可証)


弁護士さんがパソコンで数枚の書類を用意してくれました。
弁護士さんは通常の申請用紙はこの書類があれば、かかなくていいと思うよ…と言ってたけど…
どーだろか。。。。。
今まで学生の滞在許可証を申請してきた私的には、絶対そんな、甘くない!
申請用紙に記入して戻ってこい!って突っ返されるのがオチだ。。。。と思うけど。。。。


普通の滞在許可証の申請なら何度もやっているのでやり方はわかるけど…。
今回は私も初めての事なので。。。よくわかりません。




今の住まいはAmalfiはSalerno(サレルノ)県なので、Questura(クエストゥーラ:警察署)はAmalfiから1時間ほどバスに乗ってSalernoの町へいかなければなりません。

Firenzeにいた頃は朝8時から手続き開始の警察署へ朝6時ごろから並ぶのが普通
それでも、手続きが終わるのは11時前後だったり。。。


最近はだいぶ時間がかからなくなったけど…
とにかくQuwstura(警察署)イコール時間がかかるという場所なんです。

警察署だけに限らず、事務手続きも郵便局も。。。イタリアって国は何でも時間がかかるんですけどね。笑
無駄話や世間話を混ぜつつ仕事するので、作業が遅い。

それはイタリア人も認識している事。
サルちゃんが日本一時帰国についてきた時、私が区役所に保険証申請して3分で貰えた事に驚いてた。
その後もイタリアに戻り、みんなに「日本ってすごいんだよ!!!ちゃちゃって、事務手続きが終わる!!」と言いまわってた。


でもAmalfiも負けず劣らず、住民登録する際は並ばず、待たず…で早かった。
(住民も少ないから!ってのが理由だけどwwww)



さすがにSalernoへいくバスもそんな朝早くはないし。。。
8時ごろ到着予定でSalernoへ行く予定ですが…。

イタリアは移民に対して結構冷たいんですよね。
なので、噂では警察署へ行くときもイタリア人が一緒だと親切でスムーズに事が進む…とか。

また、小さい子供がいる人や妊婦さんは列に並ばなくても、先に通してもらえると言うのが通常のルール。

(ずるして、他人の子供つれてくる人もいるととか、いないとか。。。。。)



今回は妊婦でさらにサルちゃんも一緒に警察署へ来てくれるというので…あまり待たずに済むといいけど。
Firenzeは日本人も多いし、移民も多いんだと思うけど…。
Salernoはどうだろか。。。。


午後時間があればSalernoの中心地ブラブラもしたいから。。。
早く終わってくれるといいけど。。。。



毎回の事ながら、この手続きはウンザリします。。。。

スポンサーサイト