FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.31

石鹸屋さん

この間仕事帰りに石鹸屋に行ってきました。笑


今度結婚式のあるダニアねぇちゃんに連れてってもらったのですが。
ScandicciというFirenzeの隣町。

町の名前は職場の近く出し、よく聞くんだけど、行ったのは初めて。
結構こじんまりとした町で、また今度ゆっくり行ってみたいな、と思っているのですが。
(車で行ったので、あんまり町全体は見てない…)


結婚式に着てくれた人にあげるアーモンドのお菓子(コンフェッティ:前回の日記にあるような砂糖でコーティングされたお菓子)がダニアは嫌いらしく、
その代わりに石鹸をあげるらしいです。

と言うわけで「一緒に来る?」と言われ、付いていった。



日本にもありそうだけど…こーゆうお店。

DSCF5822_convert_20080601025950.jpg

イタリアでこんなかわいいお店を見たのは初めてだったので、結構はしゃいだ。ポッ

DSCF5816_convert_20080531192453.jpg


イタリアらしいと言うか…
唐辛子ののった石鹸みたいなのとかもあった…。
DSCF5817_convert_20080531193507.jpg



そして、ダニア。
結婚式用に薔薇を用意しているらしいです。
DSCF5819_convert_20080601025430.jpg

かわいぃニヤリ
思わず私も小さな紙のような石鹸でハートの形しているのを購入ハート

DSCF5830_convert_20080601031505.jpg




でも、まだ部屋に飾ってなぃ…。
スポンサーサイト

2008.05.27

最近のいろいろ

DSCF5808_convert_20080528031329.jpg

先日の日曜日…お店のオーナーの子供のお祝いがありました。
実際どーゆう物なのか、良く分からないのですが。。。。
日本で言う七五三みたいなもの?(ちょっと違うけど)

キリスト教の子なんだけど、10歳になったので「Comunioneをする」と言ってた…。
辞書で引いたら「聖体拝領」とあった。
宗教には詳しくないので、良く分からないのだが…。

主役の女の子は白いドレスを着て、みんなに祝ってもらう…。

このお祝いなのか、なんだか良く分からないけど…
この儀式(?)をしないと、結婚式を自分の教会で挙げられないとか。。。。

というわけで、お店のスタッフや近所の人、身内をお店に招待して
食事とワインでおもてなし。
その後、お土産としてこれをもらった。
(私はお祝いの途中で帰ったので今日もらいましたが。)

中にはお菓子と彼女の名前入りのカードが。heart

DSCF5810_convert_20080528033951.jpg

良く分からないけど、お祝い事なので…めでたいし、お菓子がかわいいポッ

2008.05.24

最近のはまり物

ホントイタリアは野菜が美味しい…かお

最近間隣のスーパーでよく買うのが
イタリアの葉物野菜とグリンピース


日本にもあるとは思うけど。
なかなか見ないですよね。。。。生のぐりぴ。
DSCF5783_convert_20080528035252.jpg


これが、美味しいんだ!
缶詰め物とは大違い。
結構日本でグリンピース嫌いな人って多いけど。
私もその一人…。


でも生のグリンピースは大好き!


本来の豆の甘さがあって…
あの缶詰めのどくどくの臭みが無いっ。


今はグリピの時期みたいで…
生をスーパーで買えます。


日本で買うと高いズッキーニやポロ葱、カルチョーフィ等など…
野菜いっぱいで、楽し美味しいです♪

2008.05.24

先日イタリア人カップルの家に夕食へ招待されました。

DSCF5781_convert_20080524145054.jpg


このワイン、美味しかった~。


イタリアではほとんど夕食時、というか食事時にお酒を飲む。
ほとんどはワイン。
でも時には食前酒、食後酒なども出てくる…。




DSCF5779_convert_20080524144723.jpg


後姿で映っている、真ん中の彼。
ルカ。28歳フィレンツェ出身。

この彼が、お料理がうまいの!!!!

ホントこっち着て驚くのは
男性が良く料理する。。。。と言うこと。
女性もそうなんだけど、男性も料理が出来る。

今回は最初から最後までぜーんぶルカがお料理を出してくれた。
彼女の方は座っているだけ。
すげー。

この写真はプリモ。
ラビオリのチーズソース。
DSCF5782_convert_20080524145421.jpg




前菜からデザートまで…たっぷり食べました。

この日は結局お酒好きのルカがどぉしても食後酒が飲みたい!と言い出し。
(家には切らしてしまい、食後酒が無かった…)

アパートを降りて、下のピザ屋からグラス3杯の食後酒を買ってきました。




ホント、イタリア人、よく飲みます…。

2008.05.22

急に花束をもらいました。羅琉 ニヤリ

しかも、真っ赤な薔薇...赤薔薇


たぶん30年間と数ヶ月生きてきて、初めてかも。
真っ赤な薔薇。。。。。笑

DSCF5775_convert_20080523032820.jpg

さっそく部屋に飾ろうと思ったが...
しかし。


私の今の家には花瓶が無い。。。。

今住んでる家大家さんは学校の生徒に主に貸している。
なので、もともとこの家は人の出入りも激しく、あんまり生活用品がそろって無い。


洗濯機と冷蔵庫、皿、コップなど...
部屋にはベットにシーツに机、タオルまで用意されているが...。
短期用のホテルみたいな感じ?


せっかくもらった深紅の薔薇。
水につけないとすぐ枯れちゃうだろうし...汗;

仕方なく、花瓶の代用。

DSCF5777_convert_20080523033316.jpg



しかも...背が低いので、壁に花をもたれかけさせなきゃいけない...
床起き...笑

なんとも、無様。。。。。




その後、机の上に移動はしました...が、相変わらず鍋です...。
2008.05.20

お祝い

先日「結婚式ベルに誘われている」という日記を書きましたが。


その後、お店のスタッフに
「お祝いってイタリアではどーするものなの?」と聞いてみました。

すると、今回は本人達の希望で
「新婚旅行の援助金をお祝いとして欲しい」との事らしい。


と言うわけで、新郎新婦の家の下にある
2人の新婚旅行手続きをしている旅行代理店へお金を納めに行ってきた。

DSCF5755_convert_20080521042732.jpg


2人の名前はお店のガラスに張られ
ダニアとロレンツォ 7月13日に結婚式、モルジブへ新婚旅行へ行く、という旨がかかれています。
(上段、真ん中の緑の紙)

ちなみに。。。
日本では「新婚旅行」といいますが。
死語?「ハネムーン」とも言います。

ハニームーンyajirushiorenjiハネムーン。

蜜月。(みつげつ)

この日本語私は知らなかった…絵文字名を入力してください
新婚旅行の事を言うらしいです。

イタリア語でもまさにそのまま
「Luna di miele」と言います。
直訳で蜂蜜の月。

日本語で「蜜月」と言っても、全然かわいくないけど。
イタリア語で「Luna di miele」と聞くとかわいい…
というか、「あまぁ~ぁい」感じがすごくする。笑







DSCF5754_convert_20080521043406.jpg



写真は飲んだ帰り道月がきれいだったので、撮った写真。
ブレブレだけどね。
右の方に映っているまぁるい屋根。
教会のクーポラです。
この教会が好きで昔よく行きました。

2008.05.20

この間消えた日記

この間書き終えて、手違いで消えてしまった日記を書き直します未
標識12(危険注意)長文)

イタリアに入国して、まず、何よりも最初にやるべきこと。
管轄の中央警察への「滞在許可証」の申請です´д`トホホ

イタリア入国8日以内にやらないといけないので、
普通始めてイタリアに留学した人にとっては憂鬱なものかも。。。
だって、言葉も分からないし、右も左も分からないのに...申請だなんて。
ねぇ?絵文字名を入力してください

とは言うものの、実際、初めて来た人だけでなく、たぶん、誰にとってもめんどくさく、憂鬱なものなのです。

ホント、経験者はイタリアでの事務手続きにうんざり絵文字名を入力してくださいなはず。
少なくとも、私はうんざりです。
とにもかくにも、時間がかかる。
中央警察に朝方(早い人は5時とか)から並んで、
申請が終わるのはお昼…とか、そんなノリなイタリアなのです怒り

数年前私が最初にイタリアに滞在していた頃は
本当に入国後8日以内にいきなり中央警察へ必要書類を持参して申請でした。

まぁ、普通語学学校とか大学とかでやり方を丁寧に教えてくれるけど...。
申請するのは本人が行かなければいけない。
そりゃ、そぉだ。


が、噂には聞いていたが...
数年前から申請の仕方が変わったらしい!?


今回も私は学生ビザでイタリアに入国しているので、
とりあえず、学校へ申請の仕方を聞きにいってみた。


変わった点として...

● 申請をするための予約をまず取るらしい
昔は直で中央警察へ行っていたが…
今は、まず、郵便局へ行く。
滞在許可証申請キットをもらい、指定郵便局から書類をそろえて送る。
すると、「○月○日 ○時ごろ中央警察に来てください」という旨の葉書が届く。
これって、人数制限とかしてるのかしら?
ちゃんと管理できているのか、かなり謎ですが…。
ま、申請のための予約、みたいな感じ?


● 申請にお金がかかるようになった
昔も少しはお金がかかったけど…
収入印紙20~30ユーロとかぐらいだった記憶が…No04ハテナ
ところが。
現在は合計80ユーロ近くかかります。
収入印紙15ユーロ弱を申請用紙に貼り
中央警察に28ユーロぐらい振込み+振り込み手数料1ユーロ
書類を郵便局から送るのに30ユーロだったかな。
時間もかかる上にお金までかかってしまう!


● パスポート全ページのコピーがいる。
いや、まぁ申請するのに色々な書類が必要なのですが…。
パスポート空白のページも含め、全部って…困り顔
どんだけ、紙の無駄?笑
他にクレジットカードのコピー。
学生なので学校の入学許可証のコピー。
海外旅行保険のコピー。
申請用紙を含め40枚近くを申請キットの封筒に入れて送らなければいけない。。。。


● 指紋を取るらしい
流れとして、上記に書いた葉書をもらい、今度はじかに中央警察へ行き
そこで、初めてちゃんと「申請」をするわけなのですが。
その後、指紋を取って、これで、申請が完全に終わるんだとか。。。。
日本も空港で外国人に対して指紋がどーのって最近やってましたっけね?
イタリアでまで指紋を取ることになるとは。。。。。
私の人生では2度目ですけどね。苦笑


● 昔よりもさらに時間がかかる。
昔は直で中央警察へ行っていたので、その場で更新、となり
約1ヵ月後には「滞在許可証」が入手できたものです。。。。。

現在は、まず8日以内に申請キットを送って
葉書が届くのが入国から数ヵ月後
その葉書に書かれている指定日が更に2~3ヵ月後
中央警察へ指定日に出向き、必要書類の原本を持って粋、申請手続き。
その後指紋を取り、申請完了。
再度半年後ぐらいの指定日を言われるので、再度中央警察へ出向き
そこでやっと「滞在許可証」をもらえる。

しかも、合計3回ほど中央警察に行くらしいのですが。
時間指定してあるにもかかわらず、もちろん、並んで待たされる。
(指定している意味まったく無い。)

と、いうわけで、ちゃんと「滞在許可証」が入手できるのは
イタリア入国後半年~9ヵ月後。

年々イタリアへの入国、ビザ申請等が厳しくなってきている。
その分イタリア人は時間もかかってしまうのかしら?


● 申請中イタリア国外へ出てはいけない
は?って感じでしょう?


っていうか、昔も申請中はイタリア国外へ出てはいけなかったのかも?
(私が法律を良く知らなかっただけかも。)
それにしても昔は1ヶ月我慢すればよかったけど…
今は確実に半年~9ヶ月は申請中、になるわけで。。。。。。。笑うオヤジ
イタリア国外、もちろん母国日本?日本へも帰るのは控えた方がいいとか。
学校のスタッフによると…
学校から「一時帰国する」旨の手紙を書いてもらい、持参して
イタリアと日本の直行便を利用して、夏と冬のみの一時帰国を推薦していた。

いやいや、無茶な話しますね、イタリア政府イタリア

そぉはいっても、実際日本に一時帰国している人もいるんだろうし
うちの家の同居人はヨーロッパ旅行等を申請中に楽しんだりもしていますが。



と、まぁ、申請がどれだけ時間がかかるか、
どれだけ憂鬱なものか…分かっていただけると思います´-ω-`
しかもしつこいようだが、お金がかかる。。。。出費



イタリア人にこの話をしたら
「なんてこった、イタリア人として恥ずかしい。。。。。」と言ってました。
じゃぁ、どーにかしてくれ。






この間イタリア入国3日目だか4日目ぐらいに無事郵便局から申請キットを送り
現在私は中央警察からの葉書待ち。

まだまだ滞在許可証を入手するまでには時間がかかりそうです。




2008.05.15

やっぱりイタリアの夏は、外飲み!!!!

イタリアはいい天気。
というか、とても過ごしやすい季節。

初夏になるのかな。
日中は完璧日焼けするぐらい強い日差し。
とはいえ、真夏はもっと日差しが強く、暑いんだろうけど。

夕立絵文字名を入力してくださいがあったりするものの、夜は涼しく外で飲むのが楽しい季節アップロードファイル


じつは、今仕事が数時間のアルバイト程度。
夏は店が暇で、あんまり仕事が無い…。
と、いうわけで、夜更かしして外で飲んだくれて 夜を満喫しています笑うオヤジ


この間は中心地のBARで。
DSCF5716_convert_20080516010044.jpg

1杯10ユーロ前後と少し高め。
でもテーブルの上のおつまみは食べ放題。
涼しくって、おしゃれでなかなか良かったです。
回りのお客の会話が全部英語だったので、ほとんどは観光客なのでしょうけど…。


昨日は町のBARに行ったら私の家の近くの催事場(stazione-leopolda) で何かやっているらしく。
(5月3~24日までFabbrica Europaと言うのをやってます)

stazione-leopolda

そこにもBARビールアップロードファイルが出展している、という話を聞く。
さっそくそっちにも顔を出す。

会場内は何かイベントが行われているので
切符の無い人は入れないんだけど…
何気に外にもあふれんばかりの人。
DSCF5718_convert_20080516011408.jpg

なかなか素敵な雰囲気でした。






最近Firenze名物のカクテル(?)を良く飲んでいます。
ジンとカンパリ、マルティーニ(スィートベルモット:チンザノロッソとか?)。
これを適当にまぜ(イタリア人、ホント適当に入れます)オレンジのスライス。

これが「ネグローニ」。


辛口でおいしいです。
おためしあれ。

2008.05.13

日記…

長文で書いたのに…
アップできてなかった。

えーっと、またそのうち消えた日記の内容は書きます焦る3


日本にビザ取りに帰る前から誘われてはいたけど…。
DSCF5710_convert_20080511035139.jpg


結婚式の招待状をもらいましたLOVE

同じ職場のダニアの結婚式です。
相手もイタリア人で、ダニアは(多分旦那様も)クリスチャン。


7月13日 PelagoというFirenzeから30キロ離れた町で…。

16時半から、結婚式。
18時からビュッフェ。

めっちゃ楽しみ!!!!!
日本ではお祝いとか持っていくけど…
イタリアはそのへんどぉなんでしょうか?


行ったら、また報告しますキラキラ



話は変わりますが。

この間Firenzeに住む同じ職業仲間、Sちゃん(日本人)の家に行って来ました。
Sちゃんのお仕事が終わるのをピッティー宮殿前で待つ。
DSCF5689_convert_20080511033020.jpg

私と同じように寝転がってる人や、輪になって座ってる人とか…
結構ここはいつも人がいる。
夜8時待ち合わせ。
この時間は日もかげって涼しくなる時間。
とっても過ごしやすいです。

Sちゃんの家にバルコニーがあるらしく…
そこでビールを飲むことに…。
ポテチと野菜スティック、ささやかな2人ビアホール。笑
DSCF5692_convert_20080511034331.jpg


すごく素敵なバルコニーでした♪



8d60142e.jpg


ドォーモが見えて…
こんな夕焼けが毎日見れるなんて!!!!
うらやましすぎる。。。。
過去住んだ家で私も綺麗な夕焼けが見えるところもあったけど…。
今は中心地から少し離れているので…
こんな綺麗な町並みはみれなぃ…。
2人でビール飲みのみ、
4時間ぐらいくっちゃべっちゃった。



帰りは12時ごろでしたが…
これまた、月が綺麗でした。
DSCF5695_convert_20080511034733.jpg

暗くてわかんないけど…
ベッキォ橋です。

2008.05.07

無事…到着。

無事イタリアに到着しましたニコッ♪


前回日本からイタリアへ戻る際一緒の飛行機だった子とまた偶然に一緒だったり。。。
今回は成田から、ずっとその子と一緒でした。

もぅ飛行機とか、乗り継ぎとか、慣れたもんですけどね…。
待ち時間もなんとでも過ごせるようになりました。


今回も成田からKLMでアムステルダム乗換え。
(これが一番お安いのです。)

家で荷物を測っていたけど…
スーツケースが、、、、
まさかの26.9キロbikkuri01

荷物は1人20キロまで、なので
「お客様…お荷物なんですが…」と突っ込まれる。

手荷物はパソコンやらでもぅすでにパンパンで移す余裕も無く…
手荷物とスーツケースをあわせ、オーバー分を結局支払いました…。
30ユーロ×4(キロ)   19700円也

そんなこんなで、無事Firenzeに到着。
空港までもお迎えに来てもらい…
家にスーツケース置いて、すぐ飲みに行っちゃう私。


全然何のご心配もいりません。


元気ですし、無事ですピース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。