FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.31

航空ショウ

前にミケランジェロ広場にお散歩しに行った時に
どぉもミケランジェロ広場の様子がいつもと違い...
なにやら客席らしきものを設置していて。
ビール買ったついでにBARのおっさんに聞いてみると...
3月31日に空軍による航空ショー戦闘機(F-22ラプター)があるとかで...。

DSCF5370_convert_20080402020703.jpg

行ってきましたよ。
朝10時から。笑

月曜だというのに!
人ひと!ひと。

混雑しているのに犬はつれてくるわ、自転車で割り込むわ...まぁ大変。

さすがイタリア人。


でも広場で時間通りに始まったのは式典。

そりゃ、そーゆうもんかもね。
DSCF5357_convert_20080402014604.jpg

いつもは町の景色ばかり見ている人だかりも、今日は広場に向かってます。

永遠と続く式典...。
ま、そーゆうものでしょう。

えーっ
イタリア語のよく理解できない私でしたが...。
なんか軍隊のお偉いさんが挨拶したり、歩いたり...してました。

さすがに、そんなのあんまり面白くないので。笑
階段に座って、多分PISA(Firenzeの隣の町)の空港からジェット機が飛んでくるだろうと...
そっちの方を見て待つ。
日向ぼっこ。。。。。
DSCF5363_convert_20080402021214.jpg


と。
急にジェット機が...あらぬ方向から飛んできた。

興奮しやすいイタリア人。
いっせいに立ち上がる。笑

DSCF5360_convert_20080402015006.jpg


あっという間の出来事でしたが。
ジェット機がイタリアの国旗を空に描く...。


んー。
終了。
見たいな感じで...。


式典と航空ショー(?)を楽しんで(???)きました。

スポンサーサイト

2008.03.28

外観。
DSCF5319_convert_20080329034626.jpg


って近くから撮ったからあんまりわかんないけど…。
「P」のあたりが入り口。

右側は結構車の通りの激しい通りです。


そして、家の入り口の2軒隣ぐらいには
スーパーの裏入り口があり…
DSCF5320_convert_20080329035433.jpg

結構でかいスーパーがあります。


家のとびらを開けるとこんな感じ。
DSCF5322_convert_20080329035825.jpg

この建物自体結構でかくって。
1階にも2軒か3軒家があります。
日本で言うマンションだけど。


私は2階に住んでいます。
また写真撮ったらアップします…。


2008.03.25

急に

火曜日に休みを貰った。

お店の定休日は月曜日なんだけど。
Pasqua(キリスト復活祭)の翌日の月曜日は店を開けたので…
急遽翌日の火曜日に店を閉めた。

毎週火曜日には家の近くにあるFirenzeの大きな公園で毎週青空市がある。
お昼過ぎには終わってしまうので…
毎週行かれず…悔しい思いをしていたのだ汗とか

ってなわけで。
火曜に休みカッシーネ公園の青空市

特に何買うわけでもないんだけど…。
青空市は生活用品から靴、かばん、植木、野菜、工具、何でも売ってる。

私は今お金使ってる場合でもない状況なので…
洋服や生活用品はなるべく見ないように…笑
必要なものだけ…と言い聞かせながら歩いて見て回る。

あ、欲しいかも…と思っても再度心の中で
「ないと生きていけない本当に買わないとだめ?」
と問い…
結局買わず…
と繰り返す。


超節約生活。
つぅか単なる貧乏がっくり


でも。
ラジオは買った。

小さな贅沢。
ホント小さな贅沢だな。

とかいいつつ、Ipodと小さいスピーカー持ってきてるので…
ラジオもそんなに必要でもないけど。。。。





最近は母から送ってもらった
宮部みゆき「摸倣犯」にはまってます。


2008.03.22

Pasqua直前で…

風邪ひきました。
職場の仲良しねぇさんDaniannに
「とも、Pasquaの日に休むよりは、前日の方がいいから、具合悪いなら、休みなさい」
と説得され…。
前日に寝込みました。

多分熱が…。

汗だくで寝てました…。
汗かいて着替えて寝て…を繰り返せばよくなると…おばあちゃんから聞いたような聞かないような…。
結局着替える気力もなく、そのまま寝込んでたけど。

実際は1人暮らしじゃないけど…
ま、結構みんな好き勝手に生活してる…
というか、それぞれ仕事してたり、で…私自身もあんまり普段顔合わさないんだけど。

こーゆう時、食事が困る。
前日午後3時にお昼を店でたべたっきり…
帰宅後そのまま家で寝込み…。
何も作れないし、誰も作ってくれないし、おなかはすくし、熱あるし。



仕事を休んだ日の午後。
少しだけ立てるようになったときに、何とか台所へ…。
偶然家の同居人の誰かに会って、飯作ってくれることを期待したが…
神様はそこまで優しくなかった。


仕方なく、さっぱりした栄養のあるもの…を作ろうと考えたが。
なんせ家で普段夕飯をあんまり食べない私…。
(店で遅い昼ご飯を食べ、家では夜7~8時におなかがすくが…そのまま寝ちゃうことが多い)

しかも日本のようにレトルト食品は出回ってないし。
まず家に電子レンジとかないし!

この時ほど日本のレトルトお粥が恋しくなったことはない。。。。


棚と冷蔵庫にあるものの中から何とかセレクト。
トマト缶。
味気ないので、ベーコン。
この間開けちゃったし、食べないと…と思いリコッタチーズ。

しかも、寝込んでるのに…パスタを作る私。

それこそ、米も買ってない…。


仕方なくトマトソースリコッタチーズ和えを作る。

が。
作るだけで気力、体力を使い果たし…
出来上がった頃には具合も悪くなり…食欲もなぃ。



って事で一口食べて、また寝込む…。


翌日はさすがにPasquaで忙しいので…仕事へ行き、なんとか風邪は回復方向へ…




扁桃腺…すぐ腫れるの、ホントうっとぉしいです。。。。
2008.03.21

パスクア目前!

いよいよ、クリスチャンの多いイタリアで
クリスマスより大きな行事キラキラ(ピンク)
お祝い事。
Pasqua(パスクア)です。
キリストの復活をお祝いする行事。

日本ではイースターと呼ばれているもの。

イースターエッグ、コロンバ、その他たくさんのお菓子が出回ります。
DSCF5293_convert_20080322030241.jpg

写真は、Coronba(コロンバ)。
コロンバ、とは鳩、という意味。
一応鳩の形…なんだけど。
これがスーパーでもお菓子屋でも…
とにかくあちこちで見かけます。
中にはフルーツの砂糖漬けになってるようなものが入ってます。



今週の水曜日Frittelle(フリッテッレ)を食べる日。
揚げドーナツみたいなもの。
他にも揚げたお菓子を食べる。。。。
IMGP4345_convert_20080322035629.jpg

写真のフリッテッレはお米入り。

(ちなみにこの日は「サンジョセッペ」といい、イタリアの父の日でもある)
お父さんにフリッテッレをあげるんだとか…。
ま、家族でフリッテッレを食べるんでしょうにこり


木曜日pan di mamerino(パンデラメリーノ)を食べる日。
ローズマリーと干しぶどうの入った甘いパン。
DSCF5301_convert_20080322034847.jpg


そして、今日金曜日
パスクア直前の金曜日はキリストが十字架につるされた日…ということで。
聖なる金曜日。
罪を背負ってつるされたキリストを想い、肉を食べないことになっている。。。。


と、今週はパスクアに向けてあれこれと仕事も忙しい…。
ま、クリスマス以上の大きなお祝いだしね。
ま、私はパスクアもその翌日も仕事ですが…。
(稼ぎ時だもんね。お店としては。)
2008.03.20

私の家

双子の片割れより希望があったので…笑

お部屋とキッチンの写真を…。

DSCF5290_convert_20080322025528.jpg


これ、部屋の真ん中ぐらいに立って撮影したんだけど…
結構部屋が広いです。
今まで住んだ部屋で一番広いんじゃないかな…。
この部屋は私個人だけのもの。


写真には写ってないけど、
あと、たんすと勉強机がもう一個あります。
洗濯物まで写っちゃってるけど…ま、いっか。的な。
洗濯物がかかってるのは、こっちの暖房器具です。
赤いテーブルはこの間IKEAで9.90ユーロで購入したものです。



こちらは、キッチン。
ここは共同での使用。
DSCF5289_convert_20080322032755.jpg


こっちは結構キッチンに洗濯機がおいてあることが多い。
排水の関係でね。
(真ん中の丸い扉のが、洗濯機。)


この洗濯機…。
普通に洗濯して、2時間弱時間がかかる…。
どんだけ洗ってんだよ!みたいな?
って言うか、イタリアの洗濯機は、こんなもんなんだけど。。。。汗

もちろん、日本とは違う、要するにドラム式の洗濯機。
水が出てからは扉をあけることは出来ないし…
洗濯終わっても、電源切って、少し待たないと扉は開かない…。
とっても不便

2008.03.16

もぅすぐ。。。

パスクワ!(イースター)

こっちでもあちこちでイースターエッグを見かけます。
出回ってます。

DSCF5263_convert_20080316041620.jpg

フィレンツェのフィォレンティーナってサッカーチームの卵があるってことは
ミラノにはミランの卵があるのかな?




最近今回1回目の引越しを済ませました。
前に留学してた時は学校斡旋…ってのもあって
家賃同じで広かったり狭かったり、あちこち住めたので6回ほど引越ししましたが。



今回はまったくの個人契約。
でも、不動産やを通してないから、手数料とかはいらないけど。
デポジットは必要で。。。。
引越し貧乏です。笑

でも今月の家賃が半月分で済んだので、IKEAに行ってきました。
DSCF5269_convert_20080316042352.jpg



こっちでも安いので…70チェントでホットドック食べました。



新しい部屋は広いのに、家具が少ないので…
思わずカーテンや洗濯物入れを購入。
DSCF5266_convert_20080316042854.jpg


イタリアでの学生は、ほとんどが家のシェアー。
3DKを3人で住む、という感じ。
今の家も4DKで4人住まいです。

キッチン、トイレ、風呂、は共同。
しかも、こっちでは家具、電化製品は家についてくる。
なので、自分の荷物だけもって引越しすれば生活可能。

日本人平均年齢30超えで男3人と同居。。。です。



2008.03.16

ウフィッツィー美術館

店のスタッフのマルチェッロの義理のお兄さんが働いてるから
タダで入れる!と聞いて…
日曜の仕事後、マルチェッロとウフィッツィーデートふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート


こんなにFirenzeにいるのに、今回で2回目のウフィッツィー美術館´д`トホホ
しかも、前回も知り合いが働いてて入ったので、タダ。


しかも知り合いつてに入ると…並ばなくていいキラキラ

あの、長蛇の列がなければ、お金は払って入る気するんだけどね。。。。。

前回もそぉだったけど…
あんまり毎回ちゃんと絵を全部見ない…。

と、言うのも、知り合いが働いてて入れてもらうと、
知り合いのイタリア人と話す時間が長くって…
なんだかうろうろしたりしてる間に
「ま、もぅいいか。出る?」って感じになっちゃうのよね。

それに、絵画に詳しいわけでもないので…
今回もレオナルドダビンチとボッティチェッリだけはちゃんと見て。
あとは流し見。
(贅沢な…手書き風シリーズ矢印下


美術館のテラスにあるBarに寄った。
初めて行ったんだけど…。
めっちゃきれいブルーのきらきら

DSCF0001_convert_20080322025014.jpg


お天気晴れ!!も良かったからだけど。
ドゥオーモも見えたりして…
良かったです。
2008.03.02

世界の小澤。

今Seiji ozawaはFirenzeにいます。


2日、日曜日。
前から調べてあったのだ!!!
昼間のオペラ。
行こうか行くまいかも朝まで決めてなかったんだけど。

お天気も良いし…。
小澤征爾さんだし。。。
と、相変わらず深い意味なく…オペラへ。

DSCF5207_convert_20080304033317.jpg

仕事が意外と遅くまでかかってしまい…ギリギリに劇場へ…。
3時半に開演なのに、切符もなく…。
切符売り場は人でごった返してる…

「これ、みれんのかな、私?」と思いつつ。。。
とりあえず列に並ぶ…。
(こーゆう行列ではイタリア人は主張がすごくて、苦手。押したり、割り込みがすごい…)

そると、どこからともなく…
ダフ屋(?)なのか、なぜそれを売ろうとするのか…
切符を手に、列に向かって『今日の切符売りますよぉ』という
おばさんやらおじさんが…数人。
日本みたいに値段も法外なものではなく…
そのままの値段。

んー怪しいかも?と思いつつ1人のおばさんから切符を買う女性の様子をまずは観察。
特に問題なさそうなので…
わたしもおっさんからキップを購入。笑

25ユーロ。(切符に書いてある値段そのまま)
一番安い席だけど…(たぶん。)

このまま切符売り場に並んで急いで席まで走って…
ってのよりは全然良いでしょう。。。。


席は裏口から入る安い席。
(前もこの劇場で一番安い席(もっと安かったと思うけど)でオペラ6時間ってのを見たことがある)
階段を上り…日本で言う3階でした。
ま、一番安い席だしね。。。。

有名な指揮者だから?
演目は、そんなに有名でもないのでは?
(知識ないので…どぉだか分からないけど)

が。
劇場はほぼ満席。
DSCF5208_convert_20080304035015.jpg


前見たオペラは安い席だとちらほらあいてる席もあったのに。
今回はぎゅうぎゅう!

演目は「エレクトラ
もちろん、そんな題名すら知らない私…。

前もってどんな話なのかを調べてあった。
といっても、結構前に読んだのであんまり覚えてないけど…。
とにかく暗い話…ではあった。


そして、字幕はあるものの、
イタリア語字幕では目も頭も疲れる…。
もちろん、オペラはドイツ語だかなんだかでわからんし…。

最終的に…
音楽と雰囲気と小澤さんだけを見るようにしました。

頭でイタリア語考えながら見るんではまったく楽しめなかったので…。


でも、オペラは黒い服来たひとたちがうごめき、歌う…
時にはお墓を舞台に黒い服着た女性が歌う…
白い服着た男性が殺される…等。
意味も内容もまったくわかんなかった。


ま、オペラ好きの父曰く
「オペラは何度も行って楽しくなるもの。雰囲気を楽しめばいい。寝たかったら寝ろ。」との事で。
10年近く前に見たNYでのパバロッティのオペラでも寝た私。


今回も1週間の仕事後ってのもあり、最初の方でこっくりこっくり…
何分かわかんないけどちょっと寝た(笑
終わりがいつだか分からない…ってのもちょっと問題でした。笑
っていうか、家に帰って再度エリクトラを調べたら
大体の公演時間も書いてあるページもあったけど。。。。

今回は途中休憩もなく、2時間ぐらいの演目でした。
わけも分からないまま…終わりました。

ま、雰囲気、雰囲気。

行った、という事で自分を納得させる。
日本でSeiji ozawaはなかなか見れないのでは?
(知らないけど)
DSCF5211_convert_20080304043349.jpg


ま、時にはオペラもいいの…かも?

でも、なんとなく、またオペラ行きたい。
(本当はフィエーゾレというFirenze郊外の野外劇場へ行きたい)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。