FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.12

Tosca

先日オペラを観て来ました。

今回はTOSCA Giacomo Puccini作



あらすじは一応ネットで確認していましたが。。。
前のめって1週間前に読んだので、あまりちゃんと覚えてなかったけど…苦笑

指揮者は父お勧めのZubin Mehta氏でした。


今回のオペラは最初に演出家かなんかのおじさんが出てきて…
「今日の公演に出演予定のバリトンとソプラノ歌手が…」
と出演者の変更を詫びていた。

なので、Tosca役がだれだったのか、よくわかんないけど。。。
すごく綺麗な力強いソプラノで、すごく良かったです。

ってToscaって題名なぐらいなので、ソプラノの歌も多いんだけど…。


オーケストラの曲も力強く迫力のある感じで…
話の展開も早いし、飽きなかった。
ネットでも書いてあったけど、見やすいオペラでした。


また、席が右端だったので、最後Toscaが自殺するところが見えなかったのが大変残念なのですが。。。
オペラを観て初めて涙が出そうになりました。

2時間ちょっとぐらいのオペラだし、とっても良かったです。


P1080422_convert_20101212191311.jpg
スポンサーサイト

2010.11.08

Le nozze di figaro

もぅ1週間近く前ですが。
オペラを観てきました。
P1070864_convert_20101109033844.jpg
今回もTeatro comnale(市民劇場)。


モーツァルト 「フィガロの結婚」
オンラインでチケットを買い、3階席のほぼ真ん中一番前で35ユーロでした。

P1070865_convert_20101109034108.jpg



数週間前の父のFirenze滞在中に大体のあらすじは聞いてたけど…
細かい部分はネットで予習しようと思っていたが…仕事がばたついて、そんな時間もなく…。

序曲はすごく有名で…私自身も聞いたことあった曲でした。



これが生オーケストラで聴けるだけで感動。笑


第一幕~第二幕ぐらいまでは楽しめたけど。。。
雰囲気も明るいし。

その後話がごちゃごちゃ…(予習不足?)で・・・・・
演出のせいか、そーゆうものなのか。。。
せりふっぽい歌が多く。。。。
人間関係が複雑…苦笑


でも何とか第4幕まで寝ずに鑑賞。


毎回オペラをきいちゃぁ、きれいだなぁと思うけど…
モーツァルトのオペラはどの曲も柔らかい感じで、聴きやすかったかも。


次回は12月初旬にToscaを観に行きます!



2010.02.06

オペラの追記

この間観たのオペラの指揮者と歌手。

L'italiana in Algeri


指揮者
Enrique Mazzola

歌手
Mustafà役
Carlo Lepore

Elvira役
Patrizia Cigna

Zulma役
Katarina Nikolic'

Haly役
Walter Franceschini

Lindoro役
Enea Scala

Isabella役
Manuela Custer

Taddeo役
Marco Filippo Romano


今回の指揮者は、おっさんなんだけど、
1曲目(歌手なしでオケだけが演奏)の時とか
かなり自分の世界に入ってて、動きが激しく、おかしかった。笑
黒いスーツに真っ赤なシャツ着てたのも印象的でした。



毎回オペラを観て思うのは、私は男性の歌声を聞くのが結構好き。。。。
というか、力強い男性の歌声は迫力があり、
聞いていてずっしりとしていて、好き。
(って、やっぱり、それはオペラの見所でもあるのか??)




ちょっと調べてみたけど。。。
有名なパバロッティの声域はテノールらしい。


今回で言うなら、ムスタファ役の歌声が良かった…と思ったら
こちらは「バス」と。。。。。

声の低い順に
バス、バスバリトン、バリトン、テノール、カウンターテノール
らしい。。。。が。
あまりよくわかんない。。。。。笑


女性の歌手の方は。。。高い声がきれいか云々もあるけど。。。
やっぱり透き通って、響き渡る歌声がいい。。。。
けど。
女性のほうはやはり、なかなか響き渡る声って難しいのかも?
(高音だし?)
女性の歌声でおぉと思ったのは前に見たRigorettoかなぁ。。。。

でもやっぱり
「Rigoretto」(過去ブログ参照)の4重層!!!

おもわずDVD買っちゃったぐらいだし。

ホント、この4重層は鳥肌ものでした。

ちなみに、10月に観たリゴレットの歌手は


Il Duca di Mantova役
James Valenti

Rigoletto役
Ivan Inverardi

Gilda役
Annamaria Dell’Oste

Sparafucile役
Konstantin Gorny

Maddalena役
Nicole Piccolomini

Giovanna役
Giorgia Bertagni

指揮者
Stefano Ranzani



Rigorettoはまたぜひ観たいオペラ。
2010.01.29

アルジェリアのイタリア女

昨日、オペラへ行ってきました。




仕事を職場の友達に手伝ってもらい、早めに終わらせ、
まずは2人でAperitivo(アペリティーボ)へ!


アペリティーボとは、食前酒って意味なんだけど、
日本で言うハッピーアワーみたいなもので。
19時頃からお酒1杯(ノンアルコールでもOK)頼むと
カウンターやテーブルに用意されているつまみ(店によってはご飯、パスタまである)が
食べ放題!になるもの。


この日は友達が提案してくれた
モッツァレラチーズの店(レストラン?)へアペに行く事に。
OBIKA Via tornabuoni16 0552773526">OBIKA
Via tornabuoni16 0552773526


割と最近Openした店らしく…
店内もきれいで、おしゃれ。
DSCN2220_convert_20100129193621.jpg


燻製モッツァレラ(皿の一番右)と、生(皿の右から2番目)と…ありました!
(やわらかく、美味しかったです)
DSCN2214_convert_20100129095702.jpg
その他、野菜やパン、クスクス、麦のサラダなど…
ビールを飲んでおなかいっぱい…ほろ酔いでオペラ会場へ!




今回観たのは
L'Italiana in Algeri

Gioacchino Rossini


小沢指揮で観たとき(11月初旬ブログ参照)反対側
3回の左一番前の席。

ちなみに、一番安い席で25ユーロでした。

DSCN2224_convert_20100129190703.jpg


今回のオペラも予習をして行ったけど…
いまいち内容が…??????

どっかのあらすじにも書いてあったけど、「イタリア人女ってすごいね」みたいな??
(ま、嫉み恨みとかの暗い話じゃないからいいけど。あまりにも能天気 笑)


でも、アルジェリア舞台のオペラで、
衣装もターバン巻いてたり、喜劇っぽい感じもあり…
笑いもあり(?)
終始明るい雰囲気でした。
DSCN2228_convert_20100129192815.jpg


残念だったのが、ピアノが私たちの席の真下で。
2階部分の席に覆われてしまい、音が聞こえにくかった点かな。

そぅ考えると、3階席右一番前の方が、いいのかも???


2009.11.12

利口な女狐の物語

行ってきました。

オザワセイジ指揮のオペラ。


レオシュ・ヤナーチェク

「利口な女狐の物語(Přihody lišky Bystroušky)」
イタリア語では「La Piccola Volpe astute」


今回は家探しや仕事が変わる話などでバタバタ。。。。中のオペラ鑑賞。

席は25ユーロの一番安い席。
3階の一番前の右端。
DSCN2044_convert_20091112072947.jpg


この席は結構良かった。
オーケストラも良く見えるし...
舞台も近いし。
前に誰もいない、というのは、いいもんです。


音響のせいか、歌手のせいか...
女性の声がか細く感じたけど...。


今回は読もうと思っていたあらすじも読まずに行ってきました。
ドイツ語?何語?
ま、イタリア語でない事はたしか。。。。みたいな感じで。
(帰宅後調べたら、チェコ語だったらしい?)

イタリア語字幕がある事はわかっていたけど...
目と頭と耳と。。。。
追いつかない...と覚悟し。。。。
眠くなったら寝よう...と鑑賞したのですが。


今までのオペラの中でいっちばん、さわやかかわいいきれいでした。


とにかく、音楽が暗くない!
(これ重要)

さわやかな音楽とともに、動物達が出てくるオペラで。

また人間が扮する動物がかわいい。笑


ハエとかトンボとか、歌わないけど、しょっちゅう飛んで踊って...。
ハエなのに、キレイなの。笑
DSCN2051_convert_20091112081705.jpg
後ろに整列しているのがハエたちとトンボ(?)

本当に色とりどり...明るく...
まるでミュージカルか、バレエか。。。。ってほどでした。
DSCN2054_convert_20091112080538.jpg

オペラ出演者全員集合。



詳しいあらすじは良くわからなかったので...
帰宅して速攻ネットで検索して読みましたが...
やっぱり事前に頭に入れて見られなかったのは...
すごく残念


観た後は
「やっぱり生のオーケストラと...
オペラっていい!!!」

と言うのが感想。
あらすじがわからなくても、今回のオペラは楽しめたし!
感動はする。

オザワの指揮が世界的に有名な理由はいまいち良くわからなかった...。
というか。。。。
私にはまだ、指揮者のすごさ。。。は良くわかりません。


DSCN2058_convert_20091112082314.jpg

カーテンコールにて。
真ん中にオザワ氏。






父の血か?

見れる機会があれば、オペラははたくさん観たい...と思うようになっています。



25ユーロでなかなか満足できたオペラでした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。